アイアンで球筋の打ち分ける練習をするとゴルフが上手くなる

プロの様に自分が思ったように球を曲げてみたい。

この様に思ったことはありませんか?

球は曲がるけど、曲げようとしている訳ではないのでコントロールできない。

こんな人が多いのではないでしょうか?

球を思ったように曲げられると、障害物を避けてグリーンを狙ったりすることはもちろんのこと、攻める選択肢が増えていきます。

今回はアイアンで球筋を打ち分ける方法についてお伝えしていきます。

アイアンで球筋の打ち分けるメリット

アイアンで球筋を打ち分けるメリットを紹介します。

 

・クラブ軌道とフェースの管理が上手くなる

・障害物を避けて球を運べる

・攻め方に幅が出る

 

この様なメリットがあります。

球筋を打ち分ける為にはクラブの軌道とフェースの管理が必要です。

クラブの軌道とフェース面を自分の思ったようにコントロールすることが出来れば、ストレートボールはもちろん、フック、スライス、ドローやフェードを打ち分けることができる為ゴルフが上手くなります。

球を曲げることができれば障害物を避けてグリーンを狙うことだって可能。

左の林に入っても、右から左に曲がるフックボールを打ってグリーンを狙うこともできます。

球筋の打ち分けができないと、出すだけだったのがグリーンを狙えたりできるのでその分スコアは良くなるでしょう。

球筋の打ち分けができるようになると攻め方が増えるのもメリット。

例えば、グリーンの右手前にピンがあるとします。

このような場合グリーンセンターから右に曲がるフェードボールを打つことで安全に攻めることができます。

フェードであれば、もし曲がらなくてもグリーンセンターに乗ります。

落ちてからほとんど転がらないのでピンに寄る確率が上がります。

アイアンで球筋の打ち分ける練習のやり方

アイアンで球を打ち分けるためにはスイング軌道とインパクト時でのクラブフェースの向きが重要です。

ストレートボールを打つ場合はインパクト周辺のクラブの動きが目標に対して真っすぐ入ってきてフェースも真っすぐ向いて当たります。

これができればストレートボールが打てます。

フックやドローを打つ時は打ち出したい方向にフェースを向け、クラブ軌道がフェースの向きよりもインサイドアウトに振れば右に打ち出されて球が左に戻ってきます。

スライスやフェードはその逆です。

クラブとフェースの動きはこのようになりますが、球筋を変えるときにスイングを変えるのはオススメしません。

それではどうすれば良いのか?

スイングを変えるのではなくアドレスを変えるのが1番シンプルな球の曲げ方です。

スライスやフェードを打ちたい場合はスタンスの向きをフェースの向きより左に向ければ目標に対してアウトサイドインになるためスライスやフェードになります。

フックやドローはその逆です。

このやり方であればスイングを変えずに誰でも簡単に球を曲げることができます。

練習場では50ヤードくらいから始め、軽く曲がるようになってから少しずつ振り幅を大きくすればコントロールを身につけられるでしょう。

まとめ

今回はアイアンで球筋を打ち分ける方法についてお伝えしました。

球の曲がりはスイング軌道とインパクト時でのクラブフェースの向きで決まります。

球を曲げるためにスイングを変えていてはプロでも安定させるのは至難の業。

スイングを変えるのではなくアドレスを変えることで球筋を変化させるのが簡単にできる方法です。

球筋を自在に操れるようになればゴルフは楽しくなりますし、攻め方が増えるはずです。

今まで真っすぐ飛ばす練習しかしていない人は練習場で球を曲げる練習をしてみてはいかがでしょうか。

 

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。