ドライバーの弾道をまっすぐ飛ばすにはプロでも難しい

ドライバーのスライスが止まらなくて困っている。

どうすればドライバーでまっすぐ飛ばせるのか知りたい。

このように思っている人はいませんか?

多くのゴルファーの悩みはボールがまっすぐの弾道で飛ばないことではないでしょうか?

ストレートボールが打てるとゴルフは簡単になると思っている人が多いと思います。

ですが実際はそうではありません。

今回はドライバーの弾道をまっすぐ飛ばすにはどうすれば良いのかお伝えしていきます。

この記事を読めば考え方が変わるかもしれません。

ドライバーの弾道をまっすぐ飛ばすためには

この記事を読んでいるということは、ドライバーでまっすぐ飛ばす方法が知りたいからだと思います。

まずはどのようにすればドライバーがまっすぐ飛ぶのかお伝えします。

ドライバーの弾道をまっすぐ飛ばすための条件は2つです。

条件の1つ目はフェースの向きです。

インパクトの時にフェース面が目標に対してまっすぐ向いていることが条件の1つ目です。

フェースの向きは球の打ち出しに影響をあたえます。

フェースが目標に対してまっすぐ向いていれば、まっすぐ打ち出されます。

しかし少しでもフェースの向きが変わった状態でインパクトするとフェースの向いた方向に球が飛び出していくのです。

条件の2つ目はクラブの軌道です。

クラブの軌道は打ち出した後のボールの曲がりに影響します。

インパクトでフェースが目標に対して真っすぐで、インパクト前後で目標に対してストレートの軌道ならサイドスピンがかからずストレートボールを打つことができます。

しかし目標に対してクラブの軌道がアウトサイドインならまっすぐ飛び出たボールは右にスライスしていきます。

反対に目標に対してインサイドアウトなら、まっすぐ飛び出したボールはフックして行きます。

つまりボールをまっすぐの弾道で飛ばすためには目標に対してインパクトでフェースがまっすぐ向いてクラブ軌道がストレートにすることが必要になります。

ドライバーに限らずボールは曲がるもの

多くの人がボールが曲がらない様にまっすぐの弾道で飛ばそうと練習していると思います。

毎回まっすぐ飛ばすことができたらゴルフは簡単になるはずです。

しかしボールをまっすぐ飛ばすには先程お伝えした通り、目標に対してインパクトでフェースがまっすぐ向いてクラブ軌道がストレートにすることが必要になります。

クラブが速く動いている中で毎回同じようにまっすぐなボールを打つことはプロでも難しいことを知っておいてください。

基本的にプロはボールは曲がるものだと思っています。

本来サイドスピンが掛からない方が飛距離も方向も良いはずです。ですがプロでもそのようなボールを狙って打つ人は稀です。

プロでもまっすぐ飛ばすのは難しいので軽く曲げて打っています。

これは曲がるとしたら一定方向に曲がった方が狙った場所に運びやすいからです。

ゴルフはまっすぐ飛ばすのが目的ではなく、狙った場所に運んで少ない打数でカップインを目指す競技です。

練習も曲がり幅をコントロール出来るようになればスコアアップに繋がるはずです。

まとめ

今回はドライバーでまっすぐ飛ばすことについてお伝えしました。

ドライバーはロフトが立っているため、他のクラブに比べてスピン量が少なく曲がりやすいクラブです。

理屈ではインパクトでフェースがまっすぐになって、クラブの軌道もまっすぐであればストレートボールが打てます。

しかし少しのミスで左右どちらにも曲がるので、コースを広く使うことが難しくなります。

曲がり幅をコントロールすることは必要ですが、ストレートボールを打つことが目的ではありません。

そのことを理解して練習に取組めばスコアアップができると思いますよ。

持久系プロテイン

ビーレジェンドプロテイン「スポーツ&ウェルネス」の 詳細はこちら

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。

ABOUTこの記事をかいた人

30代ティーチングプロ ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。