TAG 森守洋

効率よく飛ばすためにアイアンの特徴を知る

なぜ、アイアンは ヒールからトウにかけて大きくなっているのか… この形状には、 どのような特徴があるのか… その特徴を活かした スイングができているのか… 答えは、 以下の動画からご確認ください。 詳しい動画の内容が収録…

パターでもリリースできていますか?距離感が良くなります

毎回、ボールとフェースの当たる位置が微妙に違う。 これは、パターの距離感が合わない人に多いです。 ズバリ原因は インパクトゾーンが短くなっているので、 ボールを線ではなく、 点でとらえている結果です。 インパクトゾーンを…

インパクトが強くなる右足の使い方=飛距離アップ

切り返し時の下半身の使い方について… ・右足は蹴る! ・腰の平行に回すように切る! ・右膝を内側に絞る! このような動作を意識して、 下半身の動きを作っていませんか? 蹴る!切る!絞る! スピード感と、 何となく力が出て…

【勘違い多発】フェースは常に目標に向けてはいけない

ターゲットとボールを結んだ線に対して、 平行に立つようにスタンスを整えて、 肩のラインも右肩が入りすぎたり 逆に開きすぎたりしないように立つ。 オーソドックスなアドレスだと思います。 さぁここからですが、 丁寧に真後ろに…

振っても方向が荒れないためには骨盤を上手く使う

ドライバーであっても、 アイアンであっても、 しっかり振るほど 方向性の精度が落ちていませんか? 振るために身体が力んで 余計な動作が入っている… と「身体」と言われても、 どこに気を付けていいのかわからない。 今回の動…

体が開くミスショットは、引っ掛け?スライス?

吹き流しやピンなど、 ターゲットに対してまっすぐ構えて、 まっすぐ打ち出したつもりでも、 あぁぁ…スライスが… このように、スライスが出てしまった場合、 体が開くことによって、フェースも開いてインパクトしている。 と考え…

「正拳突き」と「ゴルフスイング」の深~い関係

森守洋プロの「永久不変のゴルフ理論」では、 【正拳突き】の動作がよく登場します。 押し手、引き手の関係や、胸郭の動き、 腰の切りあがりや、肘下の旋回など、 ゴルフスイングに共通している動作が多いです。 しかし、正拳突きの…

【グリップ】最適なグリッププレッシャーの見つけ方

「良いスイングの条件」として 低くて長いインパクトゾーンのヘッドの動きや、 間違い勘違いなどを公開してきましたが、 スイングをするうえで、 グリッププレッシャーを間違えると、 長いインパクトゾーンを作るスイングは、 でき…

【スイング】下半身の爆発力を引き出す足の使い方

女子プロ選手によくみられる、 インパクトで地面から、 一瞬、足が浮き上がるような動き。 しっかり地面を蹴って、 力を出している証拠です。 しかし、 地面を蹴るとなると、 かかとをはがして、 ターゲット方向に蹴りだすように…