【勘違い多発】フェースは常に目標に向けてはいけない

ターゲットとボールを結んだ線に対して、
平行に立つようにスタンスを整えて、

肩のラインも右肩が入りすぎたり
逆に開きすぎたりしないように立つ。

オーソドックスなアドレスだと思います。

さぁここからですが、
丁寧に真後ろにテークバックし、

そのまま目標に向けて、
ボールを運ぶようにフェースを出していく。

アプローチの時に
よくみられるスイングですが、

常にフェースが
目標に向いている危険性をご存知ですか?

実際はまっすぐに打とうと思っていても、
ヘッドの軌道はスイングプレーンから外れ、

フェースは開いて、
ロフトも寝てしまっている。

これでは方向も距離もズレてしまいます。

では、どの状態が
「スクエア トゥ スクエア」かというと、

すでにフラフープのような輪っかで
想像がつくと思いますが、

動画を再生して、
森プロ解説でご確認ください。

詳しい内容は下の画像をクリック↓