【動画あり】長いインパクトゾーンでボールを押して飛ばすテイクバックからフィニッシュまでの腕の使い方【森守洋プロ解説】

プロゴルファーの連続写真や、
鏡を使って腕の高さ肘の角度向きなど

何が正解なのか、
探ってみたことがあるんじゃないでしょうか。

動画の内容から一つ紹介させていただくと、
左右の腕でクラブを一方向に動かさないことが重要です。

具体的には、グリップをトップの位置まで
左右の腕で持ち上げないことです。

言葉では、トップまで「振り上げる」と言いますが、
結果的に「振り上がる」という表現の方が動画を見た後はしっくりくると思います

トップの位置までグリップを振り上げようとすると、
左ひじは曲がりやすく、切り返し後はアーリーリリースや、

カット起動、体が突っ込むといった
エラー動作が発生しやすくなります。

では、どのようにクラブは振り上げっていくのか、
それは、左腕を下に押すだけ

これだけで左腕が曲がることなく、
きれいなテイクバックが完成します。

ぜひ動画でご確認ください

【関連記事】

【動画あり】フェースの芯でとらえて打ちたい方向に飛ばすスイング作り【森守洋プロ解説】

【動画あり】芯でとらえて飛距離を伸ばすスイングのための手首・肘の使い方(右回り運動)【森守洋プロ解説】

【動画あり】芯でとらえて飛距離を伸ばすための連続素振り【森守洋プロ解説】

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。