アプローチは素振りでクラブの重さを感じよう。練習方法も紹介

アプローチさえ良ければすぐにスコアアップするのに苦手で上手く打てない。

このような人は上級者でも数多くいます。

アプローチが苦手な人は大抵素振りでわかります。

リズムが悪かったり、腕だけで当てに行ったり。

こんな人におすすめなのが素振りでクラブの重さを感じることです。

上手い人はクラブの重さを利用してアプローチを打ちます。

今回はアプローチについてお伝えします。

この記事を読めばアプローチでクラブの重さを感じることの重要性に気づくことでしょう。

アプローチと上手い人と苦手な人の差

アプローチの上手い人と苦手な人の差は何でしょうか?

アプローチが上手い人は毎回同じリズムで体を使ってスイングします。

アプローチが苦手な人はリズム感がなく腕でボールに当てに行こうとします。

この他にも色々ありますが、アプローチが上手い人と苦手な人の1番の差はリズム感。

毎回同じリズムでボールを打てれば狙った場所に飛ぶ確率は格段にアップするでしょう。

リズム感を良くするポイントはクラブの重さで振れるかどうかです。

腕の力を抜いて体の回転とクラブの重さで振ることができればリズムは決まってくるはずです。

グリップを強く握ると腕や肩まで硬くなるのでグリップはズレない程度に軽く握るのがポイント。

大抵アプローチが苦手な人はグリップが強く、そのためリズムが悪くなっています。

バックスイングは良いのにダウンスイングで急に速く振ったり、最初から強く握りすぎている為にボールを突っつくような動きになったりするのがよくあるパターンです。

リズムよく毎回同じ形で振ることができればアプローチが上手くなります。

アプローチの素振りの重要性

アプローチをする時に素振りをしていますか?

素振りには様々な効果があります。

まずは気持ちを落ち着かせる効果。

素振りをすることで気持ちが落ち着き焦らずに振ることができます。

ゆっくり素振りをすることでイメージを出すので、だんだん気持ちが落ち着いてくるのです。

素振りをすると言っても何も考えずに振っていては意味がないので気を付けましょう。

素振りでは打ちたいボールや落とし場所、落ちてからの転がりをイメージします。

落し場所に対しての振り幅をクラブの重さで確認するのが素振りの役割です。

アプローチの練習方法

クラブの重さを感じながらアプローチをするおすすめの練習方法は片手打ちです。

名前の通り両手ではなく片手でボールを打ちます。

両手では力が入っても気付かないことが多く、それでも打ててしまうのですが、片手ならリズムが崩れるのですぐにわかり上手くボールに当てることができません。

片手で打つと自然とクラブの重さで振れてリズムが良くなるのです。

片手打ちのポイントは体の回転と同調させて打つことです。

片手打ちは打とうと思えば腕だけでも打てますが、これでは距離感が出なくなったり両手で持った時に感覚が変わってしまいます。

体と同調しながら打てば距離感が合いやすく、両手で持った時も似たような感覚で打つことができるので、片手打ちをする時は体の回転で打てるようにしましょう。

右手で打っても左手で打っても同じような感覚で打てるようになればアプローチのレベルは相当上がっているはずです。

最初は難しいかもしれませんが、何度も繰り返してできるようにすると良いですね。

まとめ

今回はアプローチについてお伝えしました。

アプローチが上手い人はクラブの重さを感じながら振っています。

逆にアプローチが苦手な人はクラブの重さを感じていません。

グリップを弱くしてクラブの重さで振れるようになれば自然とリズムが良くなりアプローチが得意になるはずです。

今回お伝えした片手打ちを練習してアプローチを得意にしていきましょう。

アプローチが上達すればゴルフが簡単に感じるはずですよ。

 

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。