稲見萌寧選手が賞金女王に!古江選手と接戦で逃げ切る

賞金女王

国内女子メジャーは最終戦、「JLPGAツアー選手権リコーカップ」が、宮崎県の宮崎CCで行われました。

優勝したのは、三ケ島かな選手です。最終戦でツアー初優勝を飾りました。

注目されたのは賞金女王争いです。

先週までの賞金女王

前週までトップは稲見萌寧選手で、獲得賞金は約2億5351万円、2位につけていたのが古江彩佳選手で、獲得賞金は約2億3654万円。

その差は1696万円あまりでした。

古江選手が逆転するためには、単独2位以上に入ることが必要です。

結果は、稲見選手が9位(通算イーブンパー)、古江選手は3位タイ(通算6アンダー)に終わり、稲見選手の賞金女王が決まりました。

2位には通算7アンダーで小祝さくら選手が入っていたため、古江選手はあと2打およびませんでした。

獲得賞金は稲見選手が2億5519万2049円。

古江選手が2億4674万3575円で、その差は約844万円という僅差でした。

接戦を制した稲見選手は22歳122日で賞金女王となりました。

2007年に21歳156日で賞金女王になった上田桃子選手に続く史上2番目の若さです。

それにしても今シーズンは、コロナ禍で前半戦が中止になったため、2020年のツアーと統合されるという異例のシーズンとなりました。

この間に東京五輪も開催され、稲見選手は銀メダルを獲得しました。

稲見選手は通算10勝ですが、今シーズンだけで9勝という強さを見せました。

稲見選手以外にも、女子ツアーは若い選手が活躍し、盛り上がりましたね。

古江選手(21)、西村優菜選手(21)、笹生優花選手(20)など2000年以降に生まれた選手が見せ場を作りました。

国内メジャーで今シーズン2勝の原英莉花選手(22)、最終戦でも単独2位に入った小祝さくら選手(23)、勝みなみ選手(23)などは中堅の風格もありますが、まだこの若さです。

ベテラン選手も活躍

一方で、2007年に史上最年少で賞金女王に輝いたベテランの上田桃子選手(35)が約2年ぶりにツアー優勝、今シーズンも賞金ランキング10位といぶし銀の活躍でした。

申ジエ選手(33)(賞金ランキング6位)、菊地絵理香選手(33)(賞金ランキング9位)のベテラン勢も健在です。

来シーズンもツアーを盛り上げてほしいですね。

◆関連記事◆

賞金女王争いは最終戦までもつれ込む(JLPGA2021)