初心者のためのゴルフボール選び方

グリーン手前にあるボール

ゴルフをするには、ゴルフボールが必要です。

しかし、ゴルフボールは多くの種類が発売されていて、当然、見た目は似ていますから、ゴルフを始めたばかりの初心者にとっては、自分に適したボールを選ぶことは難しいものです。

今回は、ボール選びのヒントになる基本的な考え方や、特に初心者が選ぶべきゴルフボールについて解説します。

硬いボールと柔らかいボールがある

まず、大きく2つに分類すると、ボールには硬いものと、柔らかいものがあり、この硬さの違いがボールの性能を決める大きな要素となります

ヘッドスピードが速い人が打った場合に、硬めのボールは、反発力を生み出しやすく飛距離が伸びますが、柔らかいボールでは、ボールが圧縮されすぎて、打ち出し初速が遅くなり飛距離が伸びません。

逆にヘッドスピードが遅めの人は、柔らかいボールの方が適度な反発を生み出すので、飛距離を出しやすく、ボールが硬すぎると反発を生むことができず飛ばないのです。

また、硬いボールはスピンがかかりやすく、柔らかいボールほどスピンはかかりにくい傾向があります。

プロがよく使うタイトリストProV1やスリクソンZ STARなどのツアーボールは、速いヘッドスピードに耐えうる硬いボールで、表面にはウレタンの薄いカバーが被せてあり、スピンがよくかかる設計になっています。

初心者ゴルファーは、ヘッドスピードもそれほど速くないでしょうし、スピンコントロールでグリーンを攻めるレベルには至ってないでしょうから、柔らかいボールの方がおすすめです。

ボールの価格で選ぶ

ゴルフボールの価格も様々なものがあります。

ツアーボールなどの性能が優れているボールは、価格は1球500円以上します。

かなり高価ですから、ティーショットでOBなどを打ってロストボールになってしまうと、OBによるスコア面のショックと併せて、金銭的ダメージも大きいので、その後のプレーにも影響がでてしまうこともあります。

特に初心者のうちは、ロストボールになる確率も高いでしょうから、高価なボールはあまりおすすめできません。最初のうちは、安いボールを選んだ方がいいかもしれません。

高価なボールはその性能を生かすには、ある程度のヘッドスピードと一定レベル以上の技術が必要ですが、そのレベルに至っていない初心者が高価なボールを買う必要はないのです。

一般的に初心者に向いている柔らかいボールの方が、安価ですから、初心者は安価なボールでも問題ない場合が多いといえます。

ロストボールは使うべき?

安くボールを買う選択肢の一つにロストボールがあります。使用されたボールを集めてきれいに洗って販売しているもの、つまり中古品で、ゴルフショップでたくさん販売されています。

見た目は新品同様のものもあり、割安で買えるので、特に初心者にはおすすめです。

使用済ですから、きれいに見えても少し傷がついていることや、素材が劣化していることもあるので、上級者にとってはパッティングのフィーリングが合わないといったこともあるようですが、初心者にとってはほとんど気にならないでしょう。

ただ、初心者でもニューボールを使って、ロストしてはいけない、という緊張感を持ってプレーしたほうが良い結果につながることもあります。

なくしてもいいと思って気楽にプレーするのと、なくしてはいけないとプレッシャーをかけてプレーするのと、どちらが自分の性格に合っているのか判断して使い分けて下さい。

まとめ

いろいろあるボールの中から、選ぶ基準として、まず理解したいのは、ボールの硬さ、柔らかさです。特に初心者は、高価なボールを使った方が、スコアがよくなるということではありません。自分のヘッドスピードや力量を考慮して、自分のゴルフスタイルに合ったボールを選びましょう

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。