打てるとアプローチの幅が広がるロブショットの打ち方とは?

アマチュアゴルファーの憧れのショットが、ロブショットです。

ほとんどのアマチュアゴルファーは、ロブショットを打ち方がわからず、試したことはあっても成功したことがないのではないでしょうか。

打ちっぱなしの練習場でロブショットを練習することは難しいので、一般のアマチュアゴルファーは練習する機会がほとんどありません。

本番でいきなり、思い切ったショットを試す余裕もないでしょう。

アマチュアゴルファーにとって、挑戦する機会も少ないのがロブショットであるのです。

今回は、なかなか挑戦できない憧れのロブショットの打ち方について解説していきたいと思います。

ロブショットが打てる場面?打てない場面?

ロブショットは、アマチュアゴルファーにとって難易度の高いアプローチショットですが、アプローチのバリエーションとして自分のものにできると大きな武器になります。

  • バンカー越えを狙うアプローチ
  • 砲台グリーンへのアプローチ

などには、抜群の威力を発揮します。

しかし、ロブショットはミスしたときのダメージも大きいショットです。

難易度も高いショットなので、使うべきではない場面では避けるべきショットなのです。

特に、次のような場合には、大きなミスを避けるためにも回避しましょう。

  • ボールが浮いていないライの場合
  • 狙い場所の奥にOBがある場合
  • 他のアプローチでも寄せられる場合

まず、認識が必要なのが、ロブショットが打てるライの状況は限られているということです。

クラブヘッドがボールの下に入っていくことによって、ボールをフワリと上げるのがロブショットです。

ウェッジのバウンスを使い、ソールをうまく滑らせることが必要になります。

ヘッドが下に入る程度にボールが浮いてないと、ロブショットを打つことはできません。

ボールと地面の間に隙間のない薄いラフなどでは、バウンスが地面にはじかれてミスショットになります。

まずは、ボールのライをしっかり確認しましょう。

また、目標方向の奥にOBがある時は、ロブショットは使うべきではありません。

飛距離のわりにクラブを大きく振るロブショットは、少しのミスでトップしたりして飛びすぎてしまいます。

グリーンまわりのOBは致命的ですから、最悪のミスになる可能性のあるロブショットは避けるべきです。

また、ランニングアプローチやピッチエンドランなど、比較的易しいアプローチで寄せられる場合も、難易度の高いロブショットはやめておきましょう。

ロブショットの打ち方

ロブショットは、ロフトの大きいウェッジを開いて、ボールの下に入れる打ち方です。

スイングの感覚的には、バンカーショットに近い打ち方になります。

打ち方のコツは、以下になります。

  • オープンスタンスに構える
  • ひざを落としてどっしりと構える
  • 思いきってフェースを開く
  • 思いっきりよく振りぬく
  • クラブヘッドを低く振りぬくイメージ

フェースを開いて、思いっきりよく振ることが大切です。

怖がらずにリズムよく振りぬければ、ボールはフワリと上がってくれます。

上手く打てるようになるためには練習あるのみなのですが、実際の芝の上からでないと感覚をつかめないのがロブショットです。

アプローチ練習場があるゴルフ場に行った時に集中的に練習するしかないので、練習の機会をみつけて挑戦してくださいね。

まとめ

アマチュアゴルファーには簡単ではないですが、ロブショットなどアプローチのバリエーションを多く持つことは、さまざまなライやシチュエーションへの対応が可能となります。

是非、あなたも憧れのロブショットに挑戦してください。

ロブショットが可能なシチュエーションなら、あとは思い切って打つだけです。

あなたも、憧れのロブショットを手に入れて、ゴルフ仲間をびっくりさせましょう!

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。