ゴルフレッスンに通わなくてもハンドファーストに変わり飛距離を伸ばせるコツ

以前からブログやYoutubeで情報を公開していましたが、
「吉田直樹プロ」のLPスイングレッスン動画をリリースしました。

LPというとレフトペルヴィス
左骨盤を意味します。

通常のアドレスなら、
体重配分を左右50:50で構えるところ、

LPスイングでは、
左足に体重配分を多めに乗せるように構えます。

骨盤が左(ターゲット方向)に寄っている感じです。

左に寄せた骨盤は、
バックスイングで大きく右に移動することはありません。

下半身で積極的に
左右への体重移動を行うことはしないのです。

体重移動でボールを飛ばす感覚がある方にとっては、
コンパクトなスイングで飛ばなくなりそう

そういった感覚も出てくるかもしれません。

しかし、LPスイングでは
左骨盤を固定することで、

まず、スイングの無駄な動作がなくなります。

・余計な体重移動
・インパクトまでに再現性が落ちてしまう骨盤の移動
・トップでの伸び上がり
・伸びあがりによるクロスシャフト
・キャストやアーリーリリース
・ハンドレイトのインパクト

などなど、余計な体重移動から
代償動作などで2個3個とさらにミス動作を重ねてしまいます。

左骨盤を固定することで、
伸びあがりはなくなり、

トップで正しく切り返すことができる。

正しい切り返しは、タメ(手首の角度)を保ったまま、
ダウンスイングに入り、

ハンドファーストでインパクトして、
前に強く飛び出す球を打つことができます。

さらに、飛距離ですが、
吉田プロのLPスイングでは地面反力を取り入れます。

地面反力はプロのような筋力がないと、
強く地面を踏んで反発する力をもらえないと考えていませんか?

実際は、
少しの屈伸動作を取り入れるだけなのです。

もちろん今の筋力で、
十分に地面反力を使うことができます。

重要なのは、正しいスイングができているということと、
しゃがむタイミングです。

これらをシンプルにまとめたのが、
吉田プロのLPスイングです。

この説明は、商品ページでも展開しているので、
是非確認してみてください。

LPスイングを知ることで、
スイングがシンプルになり、

今まで余計な動作からミスショットがでていたという、
原因も明確にわかると思います。

正しい動作とは何なのか、
正しいポジションとはどのような状態なのか、
どのような順序でつなげていくのか、
すべて解説されているので、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

だから簡単に芯でとらえられるのか!
だから飛ばせることができるのか!

シンプルな答えが見つかります。

大きなスイング改造は必要ありません。
もしかすると、無駄な動作が多すぎるのかもしれません。

谷原秀人プロも今回のLPスイングの理論に対して、
推薦コメントを出していただいています。

まずは、
以下をクリックしてスイング理論を確認してみてください。

谷原秀人プロ推薦のLPスイングを確認する【クリック】