ゴルフスコアを決めるのはパター!パターの正しい選び方とは?

ゴルフはカップに近づけば近づくほど、一つのミスがゴルフスコアに直結してきます。

「パットイズマネー」という言葉があるように、いいスコアを出したいのであれば、パターはとても重要なものとなってきます。

また、ドライバーやアイアンなどは他のクラブで代用できますが、パターはキャディバックの中に入っている14本のクラブの中で唯一無二のクラブです。

パターにもアイアンやドライバーのようにたくさんの種類があり、同様なものが自分に合っているかわからないですね。

今回は、ゴルフクラブのパターについてご紹介します。

ヘッドの形を選ぼう!

ボールを打つヘッドの形は、

  • ピンタイプ
  • マレットタイプ
  • ネオマレットタイプ

の三種類になります。

「ピンタイプ」のパターは、I字型で一番オーソドックスなものになります。

パターのヘッドが小さいため、ボールに対してまっすぐに構えることができ、垂直でないことがわかりやすいです。

「ピンタイプ」のパターは、スイング中にも開閉しやすいため、操作性が良いのが特徴ですが、その分ミスもしやすいのが欠点です。

  • マレットタイプ
  • ネオマレットタイプ

のパターはヘッドが大きいのが特徴で、スイング中にぶれることがないため、まっすぐ打つことがしやすいパターです。

ヘッドが大きく重いため、スイングをゆっくりすることができ、短い距離でミスしやすい人にはオススメのパターになります。

「ネオマレットタイプ」は、「マレットタイプ」の進化系で様々な形があります。

半円形の「マレットタイプ」に比べて「ネオマレットタイプ」は正方形や長方形が多いため、ボールに対してまっすぐに構えやすいこともあります。

ネックの形を選ぼう!

パターのヘッドとシャフトのつなぎ目の事をネックといい、パターのネックは4種類あります。

  • クランクネック
  • ベントネック
  • センターシャフト
  • ショートスラントネック
  • L字ネック

の五種類で、それぞれに違った特徴があります。

一番一般的なのが、「クランクネック」で、構えた時にパターのヘッドよりシャフトがボール側に出ているものになります。

ネックは手前側にあり、ボールに当たる時に遅れてあたる感覚になるため、右に押しだしにくくなります。

「ベントネック」は、「クランクネック」と同じ位置にネックがありますが、ヘッドとの接着点がほとんど曲がっていなく見た目が気になりません。

「センターシャフト」は、その名の通りパターのヘッドの真ん中にシャフトが刺さっており、ボールを真ん中に構えやすいのが特徴です。

ただ、芯を外すとぶれやすくなるので、上級者向けのパターになります。

「ショートスラントネック」は、「クランクネック」に比べてネックの部分が短いものになります。

「L字型」は、その名の通りシャフトがパターヘッドのヒールから生えており、見た目がL字に見えます。

操作性がいいですがスイング中にぶれやすいため、上級者向けのパターとなります。

ネックは打つときの見た目もとても大事になってくるので、構えたときに違和感のない物を選んでくださいね。

シャフトの長さを選ぼう!

パターのシャフトの長さは、迷ったら34インチのものを選びましょう。

日本人の平均的な身長にマッチしていますし、多くのパターが34インチです。

シャフトの長さを長くし過ぎてしまうと、スイング中にお腹やゴルフウェアに引っかかってしまい、ミスを引き起こしてしまう可能性があります。

中には、腰が悪い方でも屈まずに構えられる長さもありますが、スイングに規定があるので十分に注意してくださいね。

まとめ

今回は、パターを選ぶ基準についてご紹介しました。

パターは、フィーリングがとても重要になってきます。

そのため、購入するときはたくさんのパターを試打してくださいね。

構えたときに、少しでも違和感のあるパターは辞めておきましょう。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。