スコアを少しでも上げるために、初心者が身に付けるべきアプローチとは?

ゴルフは、カップに近づけば近づくほど、スコアに対する影響力が大きくなってきます。

ドライバーで少しミスをしたとしても、セカンド、サード、そしてパターが良ければいいスコアを狙う事ができます。

が、パーパットを外してしまってはどうしようもありません。

少しでも楽にパターを打てるようにするためには、アプローチがとても大切になってきます。

プロゴルファーは、様々なアプローチをその状況に応じて変えていますし、アプローチの種類が多ければ多いほど、ゴルフを楽にプレーすることが出来ます。

また、アプローチが得意だと、「セカンドでグリーンに乗らなくてもなんとかなるや」と安心してショットを打つことができるため、ナイスショットにも繋がります。

でも、ゴルフ初心者の方だと、どのようなアプローチをマスターすればいいかわからないですよね。

今回は、ゴルフ初心者がマスターすべきアプローチの種類をご紹介します。

できるだけパターで打つ!

ボールがグリーン周りに来て、バンカーや足の長い芝がない限りは、パターを選択しましょう。

パターは少しミスしたとしてもグリーン上に乗せることは出来ますし、次のショットもパターで打つことが出来るので、グリーンの速さを把握しやすいです。

アプローチは、ボールが地面を転がっている時間が長いほどミスがすくなくなるため、迷ったらパターでアプローチをすると決めておくと、迷わなくて済みますよ。

気を付けることとしては、グリーンの外の芝はグリーン上の芝に比べて長いことが多いので、ボールの転がりがグリーン上に比べて悪くなります。

気持ち強めに打つと、距離がちょうどよくなりますよ。

また、冬のゴルフは芝がなく、ウェッジを使ったアプローチだとダフったり、トップしたりとミスが増えてしまいます。

そんな場所も、パターでアプローチするとミスが少なくなりますよ。

できるだけ転がしていく!

先ほども述べたように、アプローチはボールができるだけ地面を転がっていく方が、ミスが少なくなります。

そのため、基本のアプローチはボールを浮かすことを意識せず、しっかりとボールに当てることを考えましょう。

多少トップしても構いませんし、ダフってボールに当たらない事の方が問題です。

クラブは、9IやPwを使用しましょう。

足の幅は肩幅ぐらいに立ち、ボールをいつものスタンスより少し右目の右足の前ぐらいに置きましょう。

後は、ボールに当てるだけです。

キャリーとランが、1:3のイメージを持ってくださいね。

ボールを上げたい時は番手を上げる!

ラウンドをしていると、どうしてもバンカー越えのアプローチをしなければならない場面に遭遇してしまいますよね。

そんな時は、9IやPwで打っていたアプローチをAwに変えましょう。

確かにSwの方がボールが上がりますが、Swの方がAwに比べて地面を滑りにくく、ダフる可能性が高くなるので、初心者の方はAwがオススメです。

足の幅は先ほどと同じで、肩幅ぐらいに開き、ボールは体の中心に置きましょう。

ボールを上げたいからと言って、左足の前にボールを置いたり、クラブのフェイスを開いたりしないでくださいね。

無理に構えることにより、緊張感が増し、ミスの原因になってしまいます。

キャリーとランが1:2ぐらいのイメージでスイングしてくださいね。

まとめ

今回は、ゴルフ初心者の方のためのラウンドで使えるアプローチについてご紹介しました。

キャリーとランはあくまでイメージなので、ゴルフ練習場などで練習してどのようにボールが飛んで転がるか確認してみてくださいね。

また、ボールの位置に迷った時は、素振りをした時にクラブのヘッドが地面に触れる位置に置くとミスが減りますよ。

アプローチをマスターして、ゴルフを楽に上達していきましょう。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。