【ハイエストゴルフ】ドライバーショットはパワーフェードがおすすめ!




「クォーター理論」終売セール実施中

ドライバーが真っすぐ飛ばずに、悩んでいるあなた!

そんなことを、悩む必要はないのです。

なぜなら、マチュアゴルファーにとって常に真っすぐ飛ぶボールを打ち続けるなんてことは不可能なのです。

特に、ドライバーは曲がって当たり前です。

大切なのは、曲がることを前提に、それをコントロールできるかどうかです。

今回は、アマチュアゴルファーのドライバーショットでおすすめしたいフェードボールについて解説します。

プロでもストレートボールは難しい

そもそもドライバーは、真っすぐ飛ばすことができないクラブといっても過言でもありません。

実際、プロゴルファーでもストレートボールを打つことが一番むずかしいと言います。

プロゴルファーは、ホールの状況によってフェードボールやフックボールを、打ち分けて対応しています。

しかし、アマチュアゴルファーにとって、フェードとフックを打ち分けるなんてことは簡単ではありませんよね。

それでは、どうすればいいのでしょうか?

アマチュアゴルファーは、自分がどちらに曲がる球を打ちやすいのかを知ることが最も大切なのです。

その上で、

  • ボールを左右どちらに曲げるのか
  • フェードボールかフックボールのどちらを打つのか

を、決めるということが必要なのです。

ドライバーはフェードがおすすめです

アマチュアゴルファーにとっては、フェードとフックどちらを打つ方がいいのでしょうか?

もちろん個人差はありますが、どちらかというとフェードボールがアマチュアにはおすすめです。

その理由は、以下になります。

  • ボールの曲がり幅をイメージしやすい
  • コントロールがしやすく、極端に曲がることを防ぐことができる
  • プレッシャーがかかってもミスが出にくい

フェードボールは、ミスの出にくい打ち方ということが言えます。

プロの多くも、ドローボールよりもフェードの方がイメージを出しやすいと言います。

絶対に左に打ちたくないプレッシャーのかかるホールにおいて、フェードボールはとても有効なショットになります。

また、フェードボールは力のないスライスボールではありません。

力強い弾道で、少しずつ曲がっていくボールです。

力強いフェードボールは、パワーフェードと呼ばれます。

アマチュアにおすすめなのはこのパワーフェードです。

パワーフェードを打ってみよう!

パワーフェードの打ち方のポイントは、以下です。

  • 体全体を大きく使うことを意識する。
  • 手先で操作しようとしない。
  • ややオープンスタンスに構える。

まず、パワーフェードとはコントロールされたショットであることを認識しましょう。

ただ曲がればいいというものではなく、いかにコントロールの効いたボールであるかが大切です。

そのためには、体全体を使って振っていく必要があります。

曲がり幅をしっかりイメージして、ややオープンスタンスで思い切って振っていきましょう。

フェードボールを打つには、小手先で操作しようとすると上手くいきません。

また、ダウンスウィングで、右腰が前に出ていかないようにすることも大切です。

まずは、自分が打ちたい弾道をしっかりイメージしましょう。

イメージができていないと、理想的な弾道では飛んでくれません。

イメージができたら、体全体で大きく振っていくことをしっかり意識して、繰り返しスイング練習をしてください。

フェードのコントロールができる感覚がつかめるまで、練習あるのみです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

コントロールの効いたパワーフェードを身につけることは簡単ではありませんが、これができれば、あなたのゴルフはワンランクアップすること間違いなしです。

そこから新たなワンランク上のゴルフのステージが始まって、ベストスコアが狙えるはずですよ。

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。