ティーアップを低くして練習するとドライバーのスイングが安定する

ティーアップされたボールとドライバー

最近ドライバーの調子は良いのにアイアンがダメ…
アイアンもドライバーのように打てればスコアアップするのに…
このように悩んでいる人はいませんか?
もしかするとドライバーとアイアンでスイングが違っている可能性があります。
ドライバーとアイアンの一番の違いはティーアップできるかどうか。
ドライバーはティーアップできてティーの高さを自由に変えることができます。
しかしアイアンはティーショット以外は地面から打たなくてはいけません。
今回はドライバーは低いティーアップで練習した方が良い理由を説明していきます。
この記事を読めばドライバーとアイアンのスイングの差が少なくなりますよ。

ドライバーのティーを高くしていませんか?

ドライバーの調子が良くてアイアンの調子が悪い人にはある傾向があります。
その傾向とは体の軸が右に傾いていることです。
軸が右に傾いているとアッパーブローのスイングになります。
ドライバーは最下点の後でボールを捉えられるのでナイスショットが出ますが、アイアンでは良くて最下点、悪ければトップやダフりに繋がります。
このような人はアイアンでターフが取れないのが特徴です。
要はダウンブローで打てていないためアイアンが苦手になるのです。
このようなスイングになる原因は様々ですが、よくあるパターンとして飛ばそうとしてティーアップを高くしている場合があります。
ドライバーの飛ばすポイントは高弾道低スピン
打ち出し角度を高くするためにティーアップを高くしている人がいます。
もしドライバーだと調子が良いのにアイアンでは上手く打てないのであれば一度ティーアップの高さを確認してください。
ティーアップの最適な高さはフェースからボールが3分の1出る高さです。これよりも高い場合は注意しましょう。

ドライバーを低いティーアップで練習すればスイングが同じになる

ドライバーが高いティーアップでもアイアンを上手く打てている人もいます。
しかしこの場合スイングをドライバーとアイアンで変えなくてはなりません。
高いティーアップでボールを捉えるにはアッパーブロー。
地面からのボールを打つときはダウンブロー。このようにドライバーとアイアンで変えなくてはならないのです。
練習時間の限られている人には難しいですよね?ではどうすれば良いのか。
答えは簡単でスイングを同じにすれば良いのです。
そのためにはドライバーのティーアップを低くするのがおすすめです。
低いティーアップで練習すれば軸の傾きが少なくなりドライバーとアイアンが同じように打てます。

ドライバーを低いティーアップで打つときのポイント

ドライバーを低いティーアップで打つときのポイントを説明します。
ティーの高さはフェースから少しだけボールが出るくらいにセットします。
スイングで一番意識するのは軸です。
アドレスで軸を真っすぐにしてそのまま軸に対して回転します。
これができればレベルブローでボールを捉えることができます。
ティーアップを高くした時に比べて球は低くなりますが軸が突っ込んだりしない限り低くなりすぎることはありません。
このように軸が傾かないように意識して練習すればドライバーとアイアンのスイング差がなくなります

まとめ

今回はドライバーで低いティーアップ練習した方が良い理由を説明しました。
ドライバーが良くてアイアンが悪いのはドライバーのティーアップの高さによるものかもしれません。
ティーアップが高いとドライバーはアッパーブロー、アイアンはダウンブローと2種類のスイングが必要となります。
ドライバーを低いティーアップで練習することでスイングを同じにしてシンプルにゴルフが出来るようになります。
アイアンが苦手な人はドライバーのティーアップを低くするだけで全体が良くなることが多いので是非試してみましょう。

◆関連記事◆
アイアンショットをティーアップして練習するメリットとは

ティーアップの高さで何が変わるの?

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。