笹生優花選手が全米女子オープン優勝!

ハイエストゴルフの大津です。

全米女子オープン優勝

先週は、海外女子メジャー「全米女子オープン」が、カリフォルニア州のオリンピッククラブ・レイクコースで行われました。

優勝したのは、日本の笹生優花選手です!

日本の女子選手がメジャーで優勝したのは、

  • 1977年「全米女子プロ」の樋口久子選手
  • 2019年「AIG全英女子オープン」の渋野日向子選手

に続く3人目。

笹生選手はまだ19歳。

10代でメジャーを制覇したのは、2008年「全米女子オープン」で優勝した韓国の朴仁妃選手以来2人目です。

日本人2人によるプレーオフ

笹生選手はフィリピン生まれ。

父は日本人、母はフィリピン人で、両国の国籍を持っています。

フィリピンでは、「フィリピン女子オープン」で優勝するなど、トップアマとして活躍していました。

2019年に、日本のプロテストに合格。

2020年には、プロ2戦目「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で早くも優勝。

さらに同年、「ニトリレディス」でも優勝しています。

ルーキーから将来性を見せていましたが、いきなり世界の大舞台で結果を出しました。

ちなみに、全米女子オープンの最終ラウンドは、笹生選手と畑岡奈紗選手が通算4アンダーで首位に並び、日本選手2人によるプレーオフとなりました。

どちら勝っても、偉業を達成するところでした。

笹生選手のクラブセッティング

さて、気になるのが、笹生選手のクラブセッティングです。

プロは日によってセッティングを変えることもあるので、いつもこのセッティングとは限りませんが、報道などによると以下のようなセッティングが多いようです。

  • ドライバー/テーラーメイド・M5
  • フェアウエーウッド/マーベリック
  • アイアン/三浦技研・TC-101
  • ウェッジ/タイトリスト・ボーケイ
  • パター/ピレッティ

アイアンは、三浦技研の市販モデルを笹生選手のスイングに合わせて、ヘッドの形状などをカスタマイズしているそうです。

「ピレッティ」というメーカーを、初めて聞いたという人もいるかもしれません。

同社は、2008年に設立された若い企業。

アイアンやウェッジも作っていますが、高精度な削り出しパターが主力商品です。

同社のパターは、ボリュームゾーンの商品でも6万円~10万円と、やや高額です。

ちなみに、笹生選手が使っているパターは50万円近くするそうですが、笹生選手の優勝が決まった瞬間から「同じものが欲しい」と注文が増えているそうです。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。