リンクコースとは?リンクスコースの攻略について

読者の皆さんこんにちは!

さて、全英オープンの話もしてきましたが、この全英オープン開催地には必須条件のリンクスコースについて、今日は触れていきたいと思います。

リンクコースとは?

読者の皆さんは、リンクスコースと聞いて何を想像されますか。

  • 硬いフェアウェイ、グリーン
  • 腰の高さ迄あるフェスキュー(芝)
  • 背の高いポットバンカー
  • 強い海風
  • 変化する天候

色々ありますが、どれも厳しい条件です。

ただ一方で

  • ゴルフの原形を見る
  • 風光明媚な景色

など楽しみもありますよね。

しかし、とにかく強風が吹く印象が強いです。

例えば、フェアウェイにあるポットバンカーなどは、元々風を避けて避難する為に深く作ってあるといわれています。

今日は、日本にも幾つかあるリンクスコースの攻略を考えてみたいと思います。

ボールを払うイメージ

さて、全英オープンなどでプロのクラブセッティングを見ると、他の大会とは違うセッティングにしている方を多く見かけます。

基本的には風の影響を極力避ける為に、ボールを低く打つ必要があります。

プロは、例えばウッド型のユーティリティをアイアン型に替えて入れていたり、同じユーティリティやアイアンでもスチール感覚で振れる新素材のカーボンに変更しているプレイヤーもいるようですね。

アマチュアの筆者などは、リンクスやアゲインストの強い場所は低く強いボールを打ちたいと考えています。

なので、ドライバーもアイアンも打ち込むようなショットは避けて、なるべく【ボールをはらう】イメージを創って、最悪トップしたとしてもとにかく低くて真っ直ぐに打つ事でボールを順回転させて、ランを稼ぐ事を意識してます。

そうですね。

イメージは、野球のセンターライナーかセンター前ヒットでしょうか。。

また、グリーン周りも極力ピッチエンドランで、なるべく風の抵抗を少なくして転がしてピンに寄せていくアプローチを選択したいところです。

この為に、バウンスの薄いウェッジなどがあれば最高ですが、無ければ8番や7番アイアンでパターを打つ感覚と同じように打って見るのも妙手です。(以外に簡単ですよ!試してみて下さい)

日本人にもチャンスはある

参考になるか分かりませんが、筆者はたまに風のある日はパターを2つ入れる事もあります。

オーストラリアのアダムスコット選手などは、パター2本入れたりしてますね。

これは、ロングパット用とショートパット用を使い分ける為ですが、筆者などは少し長めのマレット型パターを長い距離に。

短めのブレード型を、短いパットに使用したりもしています。

好き好きですが、風が強い日は特にロングパット用パターが有効だと考えてます。

こう考えて行くと、やはり色々なショットの引き出しがあるプレイヤーが、全英オープンでは上位にくる事が多いのは頷けますね。

そう言えば、2009年に最終ホールまで首位だったのは、59歳のベテラントムワトソン選手でした。

日本人プレイヤーも技術があるので、チャンスありますね。

是非、全英のリンクスコースを制して上位で活躍してもらいたいです。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。