ゴルフのヘッドカバーは大切?お気に入りのものを見つけよう

ゴルフヘッドカバー

ゴルフクラブは高額なものが多く、少しでも長く使いたいですよね。

そのためには、いかにゴルフクラブを使っていない時に大切に扱う事が出来るかが大事です。

ショットをした時にできた傷などは仕方がないですが、ただキャディバックに入れているだけで、何もしていない状態の時に傷が出来てしまうのは悲しいですよね。

ゴルフクラブにヘッドカバーをすることがとても重要で、ゴルフクラブのヘッドだけでなく、シャフトも守ってくれます。

今回はゴルフクラブに付けるヘッドカバーについてご紹介します。

ヘッドカバーの重要性!

ゴルフクラブを保護するという点において、ヘッドカバーはとても重要なものになってきます。

キャディバックを運んでいる時に、ヘッドカバーを付けていないとゴルフクラブ同士が当たってしまい、ヘッドやシャフトに傷がついてしまう可能性があります。

ヘッドに傷がついてしまうと、なんといっても見た目が悪くなり、とてもショックですし、構えたときにその傷が気になってミスを引き起こしてしまいます。

また、シャフトに傷がついてしまうと、シャフト自体が劣化しやすくなり、ただスイングしただけで折れてしまう場合があります。

ヘッドカバーはゴルフクラブを大切に扱いたいのであれば、必ず付けることをオススメします。

中にはラウンド中に面倒だからといってヘッドカバーをはずしてしまう方もいらっしゃいますが、カートの揺れでもクラブ同士はあたってしまいます。

ヘッドカバーがついていないとゴルフ初心者の印象もあるので、打つとき以外はヘッドカバーを外さないようにしてくださいね。

オススメのヘッドカバーは?

ゴルフクラブを新しく購入すると、必ずそのメーカーのヘッドカバーも一緒についてきますよね。

純正のヘッドカバーはそのクラブように作られたものなので、購入したゴルフクラブのサイズにぴったりのヘッドカバーになります。

そのため使いやすく、しっかりとした生地でできているものが多いため、ヘッドカバーにこだわりがない方はそのまま使い続けても問題はありません。

ただ、同じメーカーのクラブを使っている方がいると、同じヘッドカバーになってしまい、クラブ選択の時に間違えてしまう可能性があるので気を付けてくださいね。

キャラクターものやオリジナルのものは目立ちやすいため、一目で自分のキャディバックがわかります。

また、他の人とかぶりにくいため、クラブ選択のミスが少なくなります。

ただ、ヘッドカバーはキャディバックと同様にそのゴルファーを表す目安になるものなので、あまりに下品なものは辞めておいてくださいね。

ヘッドカバーはウッドだけじゃない!

ヘッドカバーというとドライバーやフェアウェイウッド、パターのイメージがありますよね。

でもアイアンやウェッジにもしっかりとヘッドカバーを付けましょう。

一本ずつばらばらに付けるものもありますが、ラウンド中になくしてしまいやすいので気を付けてくださいね。

また、アイアンのヘッドカバーの取り外しはキャディさんに任せずに、できるだけ自分で行うようにしてください。

一本ずつ付けるのが少し面倒という方は、アイアンカバーと言って、アイアンすべてを一気に保護できるカバーがあります。

キャディバックと同じ柄にしたり、ウッドのヘッドカバーと統一したりすると見た目もかっこよく、オススメです。

まとめ

今回はゴルフクラブを保護するヘッドカバーについてご紹介しました。

実は、ヘッドカバーは日本人が考え出した物なんですよ。

大正時代に毛糸で編まれたものが発祥で、そこから世界に広がったと言われています。

ゴルフクラブを大事にするためには、ヘッドカバーをしっかり付けましょう!

おすすめの記事

ゴルフクラブは大事に使おう!正しいメンテナンス方法は?

【動画あり】クラブのグリップを長持ちさせるお手入れ方法【ゴルフクラブのメンテナンス】

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。