【ゴルフ】雨の日のゴルフで変わる事とスコアアップのコツ

雨の日のゴルフで変わる事とスコアアップのコツ

雨が降った時ってゴルフどうしていますか?

最近はキャンセル料を取らないゴルフ場も増えてきており雨だとキャンセルする人も多いのではないでしょうか?

プライベートならそれでも良いかもしれませんが、コンペだと雨でも開催しますよね。

普段雨だとキャンセルする人は雨の日のゴルフが晴れの日のゴルフと何が違うのかわからないかもしれません。

今回は雨の日のゴルフで変わる事やスコアアップのコツをお伝えします。

雨の日のゴルフで変わる事

まずは雨の日でどのような事が変わるのか書いていきます。

  1. レインウェアを着るので動きにくくなる
  2. 傘をさすので持ち物が増える
  3. クラブとグローブが濡れるのでグリップが滑る
  4. クラブフェースに水滴がつくと捕まりにくくなったりフライヤーになる
  5. 芝が重たくなる
  6. 水たまりができる

他にもあるかもしれませんがこのような事が変わってきます。

雨の日は晴れの日に比べて色々なことに神経を使わなくてはいけません。

雨で持ち物を濡らさないように気をつけますし、雨で飛ばなくなる計算も必要です。

飛ばなくなる原因は雨の抵抗の問題やレインウェアを着るので体が回りにくくなる事、クラブが滑るのでいつものように振れない事、芝が重くなりランが出ない事などがあります。

スイングテンポが速くなる

雨の日に変わりやすい事の一つとしてスイングテンポがあります。

これは色々な原因があってスイングテンポが速くなるのですが、特にレインウェアを着るとテンポが速くなりやすいので気をつけましょう。

。雨の日は晴れの日に比べて飛距離がでません

そのことがわからずにいつもよりかも飛ばないからと言ってスイングテンポを上げて飛ばそうとするとミスになりやすくなります。

雨の日は飛ばないものと割り切ってコントロールを第一に考えるのが良いスコアにまとめるコツです。

クラブが滑りやすい

雨の日は当然の事ながらグリップが滑りやすくなります。

滑りやすくなると自然とグリップ圧が強くなるのでそれを考慮して初めからライン出しで攻めるのも良いかと思います。

1番手もしくは2番手大きいクラブを選択して体の回転で打てば方向性がよくなります。

雨の日にラフに入ると抵抗が強く晴れの日以上に苦戦します。

雨の日はコントロールを重視してフェアウェイに置いておくのが得策です。

雨の日のアプローチは状況判断が大切

雨の日のアプローチは状況判断が大切です。

基本的には地面がぬかるんでいるので上げるアプローチをしようとすると少し手前に入るとすぐにチャックリのミスになります。

地面がぬかるんでいる場合はボールを右足寄りに置いて直接ボールにコンタクトさせるのが無難です。

そのことを考えるとランニングアプローチを多用すると良いでしょう。

ただしグリーンに水たまりが浮く位雨が強いと一概にランニングアプローチが良いとも限りません。

カップの奥が水たまりであればランニングアプローチで構いませんが、カップの手前が水たまりの場合もあります。

そのような場合はピンの近くまでキャリーさせたほうが良いのでしっかりと状況判断をしましょう。

まとめ

今回は雨の日のゴルフについて簡単に説明しました。

雨の日は飛距離も出ないし、やる事、考えることが多くなり慣れていない人には大変です。

雨の日でも良いスコアでまとめるのなら、無理はしないでコントロールできるスイングと、状況に合わせたアプローチが必要です。

ただ普段の練習でコントロールしたショットを練習していないのであれば本番で上手くいくはずはありません。

練習場では雨の日を想定した練習もしておくと役にたつと思いますよ。

雨の日でもスコアを良くする関連記事👇

雨の日だってゴルフを楽しみたい!いいスコアを出すには?

ゴルフは雨の日でも楽しい!?雨の日のゴルフの注意点とは?

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題


投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。