実は難しい!?1ヤードのアプローチ

1ヤードほどの短いアプローチは、ほんの少しだけボールを飛ばすだけなので、ゴルフの経験が少ない人は簡単そうに思うかもしれません。

しかし、打つ距離が短かいほどアプローチは難しいのです。

今回は、短いだけに失敗したくない1ヤード(91.44cm)をキャリーさせるアプローチについて解説します。

初心者は手先で打とうとしてしまう

グリーンそばからのアプローチで、ピンまでは2ヤードほどしか距離がないが、ラフにボールがあるのでパターが使えない場合などに、キャリーで1ヤード飛ばすアプローチが必要になります。

ほんの1ヤード飛ばすだけですから、ボールにクラブヘッドをちょっと当てれるだけでよいというイメージから、特にゴルフ初心者は、手先でクラブを小さく振ってボールに当てようとしてしまいがちです。

手でクラブを動かせば、そこそこ当たりそうに思えますが、そこはゴルフの奥深さで、手先だけのスイングでは、しっかりとしたボールコンタクトはできないのです。

手先で打つとダフったりトップしたりする原因となり、安定して1ヤードを打つことはできません。

1ヤードをしっかり打つためには、体幹を使って、体全体でクラブを振ることがポイントになります。

1ヤードアプローチの打ち方

クラブは短めに持ち、腕はリラックスさせて、力を抜いてアドレスをします。

アドレスでは、ボールはやや右足寄りに置いて、ハンドファーストに構え、その時できた手首の角度をキープします。

手首をキープしたまま、体全体を使う意識をしっかり持ってクラブを上げます。

クラブを下すときは、特に右手の手首の角度をキープすること、また手先を使って動かすことのないようにすることをしっかりと意識してスイングします。

ボールを浮かせたいとか、ダウンブローにクラブヘッドを入れよう、といったことは考える必要はなく、クラブのソールを滑らせてフェース面をボールにしっかりコンタクトさせることに集中してください。

余計な力を入れて、振り急ぐことなく、ゆっくりクラブを動かしながら、ボールに対して、しっかりとエネルギーを伝える感覚を持ちつつ、安定して1ヤード飛ばせるようになればOKです。

簡単にできる自宅での練習方法

1ヤードのアプローチ練習は、自宅でも気軽にできます。

ボールを打つ場所には、バターマットなど人工芝のマットを敷き、ボールの落とし場所には座布団などを敷いて、ボールが跳ねないようにします。

トップした場合など、ボールが勢いよく飛び出して危険なことがありますので、ネットなどで囲うことをおすすめします。

市販のアプローチ練習ネットなどがあると安心ですね。

自分専用の1ヤード練習設備を整えたら、あとはひたすら練習を続けましょう。

1ヤードアプローチは、すべてのスイングの基本?!

1ヤードのアプローチが上達すれば、アプローチだけではなくゴルフスイング全体のレベルアップが期待できます。

この小さな動きが正しくできれば、普通のアイアンショットやドライバーショットでも体幹を使った安定したインパクトが作れるようになりますので、結果としてすべてのショットが安定することが期待できます。

徹底して、1ヤードのアプローチを練習することで、ボールコンタクトの感覚が研ぎ澄まされ、スイングがレベルアップします。

地味な練習ですが、自宅でできるので、コツコツ続けることで効果が期待できますよ。

まとめ

簡単そうにみえることが、意外に難しいところがゴルフの面白さです。

ほんの少しだけ飛ばすショットも簡単ではなく、正しい体全体の動きが伴わないと上手に打つことはできません。

ゴルフのレベルアップを目指して、スイングの基礎となる1ヤード飛ばすアプローチ練習をしましょう。

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。