ドライバーのOBを減らすティーショット前の対策3選

晴天の中ティーショットを打つ女性ゴルファー



「クォーター理論」終売セール実施中

ドライバーはその日のラウンドで初めて打つゴルフクラブですし、ショートホール以外のほとんどのティーショットで使うゴルフクラブですよね。

1打目のクラブという事でできるだけミスはしたくないですし、できたらナイスショットでフェアウェイのど真ん中に飛ばしたいものです。

しかし、いいショットを打ちたいと思えば思うほどミスしてしまい、しょっぱなからOBなんて事は経験あると思います。

OBはゴルフスコアはもちろんの事、メンタルにもとても影響してしまいますよね。

今回はドライバーでOBをできるだけ減らす方法をご紹介します!

初めのうちは軽くスイングする

ドライバーはキャディバックに入っているゴルフクラブの中で、一番遠くにボールを飛ばすことができるクラブです。

また、ホールの初めでナイスショットを打つことが出来たら気持ちがいいですよね。

そのため、力いっぱいゴルフクラブを振りまわしてしまってはいませんか?

ゴルフのラウンドの中で、思いっきりティーショットで振るのは、1~2ホール程度にしておきましょう。

初めのうちは体もそこまで本調子ではないですし、思うようにゴルフクラブを振る事ができないため、ハーフショット程度の気持ちでスイングしていきましょう。

ホールが進んできて、体が動くようになってきたり、コースの中で距離の長いホールや、OBがない広いホールでフルスイングするようにしてくださいね。

ラウンド前に練習場で準備運動したとしても、スタートまでに時間が空いたり、コースに出る緊張感があったりと、体が硬くなってしまいます。

朝一のショットからOBが出てしまうと、その日一日気分を戻すのに時間がかかってしまうため、できるだけ軽いスイングから始めていきましょう。

ボールの位置を変える

いくら力を抜いてショットをしても、間違ったボールの位置だと、ボールはOB方向へ曲がっていってしまいます。

ボールを内側、いわゆる体の中心に近づけるとボールはスライスしやすくなります。

その反対で、ボールを外側、右打ちの人でいう、左足寄りにボールを置くとフックしやすくなります。

このようにボールの位置によって、インパクト時のフェースの向きを調節しやすくなります。

ボールを内側に入れると、フェースは開いた状態でボールに当たりやすくなり、スライス回転がかかり、ボールを外側に置くとフェースが閉じた状態でボールに当たりやすくなり、フック回転がかかるようになります。

そのため、自分はラウンド中にどちらに曲がりやすいかを把握していると、ボールの位置で修正することもできますね。

ティーの高さを低くする

ボールの曲がり具合はティーの高さでも調整するとこが出来ます。

一般的に知られているのが、ボールの軌道を高くしたいのであれば、ティーを高く、ボールの軌道を低くしたいのであれば、ティーを低くティーアップするという事ですよね。

ボールの軌道が高くなるとおのずと空中を飛んでいる時間が長くなります。

そのため、ボールの曲がり幅が増えOBになりやすくなってしまいます。

ティーを低くしてショットすることによって、キャリーも少なくなりますし、曲がったとしてもコース周りの土手や木などにあたり、助かる可能性が増えます

ただ、雨の日は普段に比べてボールが転がらなくなり、かなり飛距離が落ちてしまいますので、注意してくださいね。

まとめ

今回はドライバーのティーショットでOBをできるだけ減らす方法をご紹介しました。

OBはペナルティーのため、実際に打った打数よりも増やしてカウントしなければなりません。

とてももったいないですし、メンタルにも悪い影響を及ぼしてしまいます。

OBを減らしていいスコアでラウンドできるようにしましょう!

◆関連記事◆
レッスンプロが伝授!ドライバーを曲げないコツ

ドライバーが不調の時の対処法

投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。