アイアンでまっすぐ飛ばすための練習方法

打ちっぱなし場でアイアンの練習をするゴルファー

ボールをまっすぐ飛ばすためにはどうすればいいのでしょうか?
ゴルフのショットで常にまっすぐ飛ばせれば、ゴルフの悩みの大半は解決されたといってもいいでしょう。
いろいろな要素がありますが、まっすぐ飛ばすための大きなポイントの一つがインパクト時のフェースの面の向きです。
明らかな右プッシュや左への引っ掛けはフェース面のコントロールの問題であると言えます。
今回は、アイアンのフェースコントロールの感覚をつかむための練習方法について解説します。

インパクト前後でフェース面を変えない練習

スイングは体の軸を中心にクラブを回転させる運動ですから、スイング中にフェース面は回転します。
しかし、インパクト前後のフェース面の動きが大きすぎると毎回同じフェース面の向きでインパクトをすることが難しくなります。
なるべくインパクト前後ではフェース面が変わらないように意識することで方向性を安定させることができます。
そのためにはフェースを回転させずにシャフトを動かすことが重要です。
フェースを回転させない動きのイメージをつかむためには、パターを使って練習すると効果的です。
パターでボールを押すようにフェース面を動かさないで打つ練習をしてみましょう。
片手で左右交互に打ってみることも効果的です。
クラブを直線運動させるイメージで正しいフェース面の動きの感覚をつかんでください。

左手首の角度をキープする練習

フェース面の方向を一定にするには、シャフトの角度もキープする必要があります。
つまりライ角をキープしなければいけません。
そのためには左手首の角度をダウンスイング以降一定に保つことが重要になります。
左手首をキープする練習方法としては、クラブのヘッド側を持って素振りをすることをおすすめします。
ヘッド側を持つとクラブが軽く感じるので、手首の角度がキープされている感覚が分かりやすくなります。
左手首の角度をキープして、下半身主導で上半身はあまり使わない意識でスイングしましょう。
また、右手は、左手首の角度をキープすることをサポートする役割があります。
右手にシャフトを動かすような余計な力が入ってしまうと手打ちになってしまいます。
あくまで左手をキープするのを助ける力加減で右手を使いましょう。
そうすることでフェース面をキープする動きが安定します。

まっすぐ飛ばすアドレス

フェース面をキープするためには、アドレスでまっすぐに構えることも大切です。
まっすくに構えるためには次のことを確認してアドレスすることをおすすめします。
・スパット(目印)を決める
・右手で方向を合わせる
ショットの前に、まず後方に立って方向を確認します。
そしてボールの近くの芝の色の違うところや落ち葉などの目印(スパット)をみつけます。
スパットを見つけたらアドレスに入り右手でフェースをスパットの方向へ合わせます
それから、スイングを開始する前にスパットに向けてボールがまっすぐ飛び出すようなインパクト前後のフェースの動きをイメージしてください。
そうすることでインパクトでのフェースコントロールも正確性が増します。

まとめ

ショットの方向性を安定させるためには、フェースコントロールが重要なポイントになります。
アマチュアゴルファーにとっては、安定してまっすぐに打つことは簡単なことではないので、少しずつ確率を上げるつもりで練習を続けましょう。
フェースコントロールの感覚がつかめてくるとドロー、フェードの打ち分けなどもできるようになります。
そこまでいくと上級者への道が開けてくるのです。
地道な練習が必要ですが、一歩一歩積み重ねてレベルアップを目指してくださいね。

◆関連記事◆
自宅でできるアイアンのスイング練習方法

アイアンの方向性が良くなる練習方法

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。