自宅でできるアイアンのスイング練習方法

アイアン3本



「クォーター理論」終売セール実施中

ゴルフで大切なのはミスをしないことではなく、そのミスが大たたきにならないことが重要になってきます。

ゴルフ上級者やプロゴルファーとゴルフ初心者との違いは、スイングの再現性にあります。

毎回同じスイングをすることが出来れば、毎回ナイスショットをすることが出来ますし、ミスも小さいものになります。

ただ、アマチュアゴルファーの皆さんは毎日のようにゴルフコースでプレーをしたり、ゴルフ練習場に通ったりすることはできませんよね。

そのため、いかに自宅で練習することが出来るかが重要になってきます。

今回は自宅で出来るアイアンの練習方法についてご紹介します。

素振り用のゴルフクラブを用意しよう

ゴルフはいかに同じスイングを毎回することが出来るかが重要だという事をお伝えしました。

自分自身のスイングを安定させるためにも、素振りは欠かさずに毎日しておきましょう。

そのためには、素振り用のゴルフクラブを用意してください。

出来れば普通のゴルフクラブに比べて短いもので、重めのものがオススメです。

普通のゴルフクラブの長さだと自宅でなかなか素振りするスペースを確保できません。

広さも重要ですが、天井の高さも必要になってきます。

そのため、短めのゴルフクラブで素振りをすることで家の中でもスイングすることが出来ます。

また、少し重めのクラブでスイングすることによって、いざ普通のゴルフクラブでショットを打つときに軽く感じるため、ヘッドスピードも速くなります。

ヘッドスピードが速くなるという事は、飛距離が伸びるという事なので、素振りをしない理由がありませんよね。

ボールがないのがポイント

実際にゴルフコースや、ゴルフ練習場では当たり前ですが、ゴルフボールを打って練習します。

ただ、そのゴルフボールがあるせいで皆さんのスイングが崩れてしまっていませんか?

ゴルフボールがあるとどうしてもナイスショットを打ちたいと思いますし、ゴルフクラブをゴルフボールに当てようと微調整してしまいますよね。

ただ、自宅で練習する場合はその気になってしまうゴルフボールがないため、自分のスイングを固めることが出来るようになります。

出来れば全身鏡を用意して、その鏡の前でゆっくりとスイングの形をとってみてください。

ゆっくりスイングすることによって、ごまかしがききませんし、じっくりと自分のスイングを見直すことが出来ますよ。

ゴルフクラブを握る時のグリップが重要

ゴルフで見落としがちなのが、ゴルフクラブを握る時のグリップの持ち方です。

ゴルフが上手な人は当たり前のように毎回同じゴルフグリップをすることが出来ますが、ゴルフ初心者の方は、気が付いていないだけで握り方が変わってしまっている場合があります

ゴルフグリップが変わってしまうとせっかくいいスイングをしたのに、クラブの軌道が変わってしまい、ボールが曲がってしまうミスに繋がってしまいます

そういったミスをしないようにするため、安定して毎回同じゴルフグリップを出来るようにしておきましょう。

ゴルフ練習場でなくても自宅でゴルフグリップを握っているだけで大丈夫なので、テレビを見ながら、ソファーでくつろぎながらすることが出来ますよね。

グリップだけを矯正することが出来る器具もあるので、チェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は自宅で出来るアイアンの練習法についてご紹介しました。

なかなかゴルフ練習場やゴルフコースに通う事が出来ない方はぜひ自宅でもゴルフの練習をしてくださいね。

ゴルフは少しの時間だけでも、クラブを触るだけで上達できるので、できるだけ毎日ゴルフクラブに触れるようにしましょう

◆関連記事◆

アイアンで飛距離アップするコツと練習方法

芯でとらえる確率が上がる!おすすめドリル【アイアン編】

投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。