意外と間違えている人が多い、おさえておくべきゴルフルール

芝の上にあるゴルフボール

この記事では2019年に行われたルール改正でも特に知っておいた方が良いことを書いていきたいと思います。

ゴルフのルール改正

2019年年初に、R&A(全英ゴルフ協会)とUSGA(全米ゴルフ協会)によりルールが大幅に変更しました。
当然これに則り、JGA(日本ゴルフ協会)もそれに準じて新たなルールができることになったのが大まかな経緯となります。
特にコースにおける名称・概念をまず整理しておきましょう。

スルーザグリーン
→ジェネラルエリアに呼び名が変更されました。
例えば、リプレイス6インチOKのコンペでのローカルルールで今まで【スルーザグリーン】6インチOKとしていた呼び方は、【ジェネラルエリア】リプレイス 6インチOKと呼ぶことが正しい名称となりますね。

ティーインググラウンド
→ティーイングエリアに呼び名が変更になりました。

ハザード
→基本的に呼び方が次のように変更になっています。
①ラテラルウォーターハザード(変更前)→ペナルティエリア
②バンカー → 変更なし バンカーのまま
①②以外のハザード → 名称使用しない(つまり、ペナルティエリアとバンカーのみ)

パッティンググリーン
→変更なし

概ね名称などはこれらのように変更され整理されました。

計測器の使用もOK

これまでもローカルルールで距離測定機器の使用による距離情報の取得は認められていましたが、今回のルール改正では公式試合や月例会コンペなどのイベントでも正式に認められていますね。
GPS式やレーザー式などの距離測定器がありますが、2点間の距離計測であれば、どちらの場合も使用可能です。
ただ、認められたのは2地点間のみで高低差や風速などの状況を計測することはできないとされています。
これらの機能が仮に距離計測機に付随してついていたとしても、使用用途が2点間の距離のみに限定されれば違反ではないようです。
これは、プロ選手の間でも話題になっていましたね。
全英オープンの時にジョーダン=スピース選手などは実際に計測器を使用していましたが、試合後のコメントでも、距離計測は今までフェアウェイのある地点での距離は、コースマップに概ね書かれているので問題なくても、ラフに入れた場合は、フェアウェイに出て距離計測をする必要があったが、それが機器利用で不要になった。
つまりよりプレーファストになったと語っていました。

偶然の2度打ちや用具に当たった場合

バンカーからのショットで偶然にも2度打ちされた経験はありませんか?
筆者も2・3度経験があります。
これも今までは一打罰でしたが、ルール改正では罰がなくなりました。
あくまでも偶然のストロークにおける2度打ちになりますのでご注意ください。
また、ストロークした球が偶然に用具やキャディ・カートに当たった場合も、あるがままの状態でプレー続行が条件で罰なしで可能となりました。

地面に食い込んだボール

ジェネラルエリアで、ボールが地面にめり込んでしまった経験はいかがでしょうか?
ボールが高く上がって、地面にめり込んだシーンや、雨上がりのゆるいフェアウェイなどでたまにありますね。
これもルール改正では罰なしで救済を受けられます。これについてはラフであっても同ルールの適用範囲とされています。
ただし、月例会や理事長杯など、各ゴルフクラブの委員会ではこの救済をフェアウェイに限定している場合もあり、ローカルルールは必ず確認することをお勧めします。
以前のブログでボールドロップを膝からできるようになった件は解説しました。
また、OBの取り扱いについても以前のブログで触れていますので参考にしていただきたいのですが、どの改正も基本的にはプレーファストを念頭において、なるべくスローなプレーを回避しようとしていると思われます。
パッティンググリーンにおけるパター時のピンフラッグを抜かなくても良いルール改正も、10年前から考えると考えられないような改正ですが、やはり基本はプレーファストだと考えています。

まとめ

まだ、ゴルフ場で様々なコンペに出かけると、以前のルールのままで実施されていることも多く見かけます。
コンペの主催者になった場合や幹事となった場合も、以上が概ねのルール変更のポイントになります。
新しいルールを理解してスマートな運営をしていきましょう。

◆関連記事◆
ゴルフルールのワンペナとは、何打罰になるの

ゴルフ場のOBに関するルールとペナルティ(罰打)の数え方

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。