打ち放題でドライバーを練習しすぎるとスイングが崩れる理由

ドライバーの練習のためティーアップされたゴルフボール

多くのゴルフ練習場では単価打ちと打ち放題が選べます。
あまり練習しないからどうせなら打ち放題にして沢山練習しようと思う人も多いはず。
打ち放題で練習すると元を取ろうと必死になって球数を多く打つ人が多いのではないでしょうか?
正しいやり方で球数を打てばゴルフの上達に有効ですが間違ったやり方では体を痛めたりスイングを壊したり良いことはありません。
今回は打ち放題でドライバーを打ちすぎる弊害についてお伝えしていきます。
この記事を読めば正しい練習をしたくなると思いますよ。

ドライバーを練習場で打ちすぎる弊害

打ち放題で練習をすると1球1球に集中しなくなります。
これは打ち放題という性質上仕方がないと思います。
何球打っても値段は変わらないので悪い意味で適当になってしまいます。
練習場を見渡すと多くの人がドライバーの練習ばかりしています。
これはドライバーが良くなればスコアアップすると考えているからだと思います。
確かにドライバーが良くなればスコアは良くなると思いますが、ドライバーばかり練習するのは危険です。
その理由は
・正しいスイングを身に付けにくい
・体の負担が大きい
この2つの理由のためです。
1つずつ説明していきます。

ドライバーの練習ばかりすると正しいスイングが身に付かない

ゴルフスイングの基本は背骨を軸とした軸回転です。
軸回転を正しく行うには軸は真っすぐの方が簡単です。
アイアンであれば真っすぐ立っている人は多いのですが、ティーアップしているドライバーでは真っすぐ立たなくても当てられます。
アッパーブローで捉えるイメージなら軸が右に傾くのが普通です。
ドライバーばかり打ちすぎると、どのスイングでも軸が右に傾いてしまうのです。
地面にあるボールを打つには軸が傾いていると上手く打てなくなります。
ボールに当たる手前に最下点が来るためダフるかトップになります。
そうならないように腕を上手く使ってダウンブローに打っている人もいますが自然な動きではないためスイングが崩れて球が安定しません。

ドライバーの練習ばかりすると体の負担が大きい

2つ目の理由は体の負担が大きいことです。
ドライバーはクラブが長く1番遠心力がかかるため体の負担が大きいことも特徴です。
飛ばそうとすればするほど体への負担が大きくなり怪我のリスクが高まります。
ゴルフは体を捻るのでドライバーでなくても腰に負担がかかりますが軸が傾くことで横の捻りだけでなく縦にも捻られるようになるので気を付けましょう。

プロはドライバーよりアイアンの練習を多くする

アマチュアの人でアイアンよりドライバーの練習を多くする人がいます。
プロでアイアンよりドライバーの練習を多くしている人は聞いたことがありません。
もちろんドライバーの調子が悪くて一定の期間ドライバーの方が練習している場合もあると思います。
しかし普段の練習からドライバーをメインで練習するプロはいません。
正しいスイングを身に付けるためにもドライバーの打ちすぎに気を付けましょう。

まとめ

今回は打ち放題でドライバーを打ちすぎる弊害についてお伝えしました。
打ち放題では少しでも遠くに飛ばそうとドライバーばかり練習する人がいます。
当たれば飛ぶかもしれませんが、ゴルフスイングや体を壊す原因にもなります。
打ち放題に行ってもドライバーばかり練習しないように気を付けるだけでスイングが良くなるかもしれませんよ。
せっかく何球も打てるのであれば小さい振りを練習するのがオススメです。
アプローチの距離感の練習なんかも打ち放題にぴったりですよ。
是非次回の打ち放題で試してみましょう。

◆関連記事◆
スイングが安定しないのはドライバーの練習方法が原因かもしれない

ドライバー上達のコツはマン振りスイングではなく軸回転を意識して練習しよう

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。