素振りが1番!アイアンの素振りを練習すればゴルフが上手くなる?

アマチュアゴルファーのダウンスイング

いきなりですが、あなたは素振りをしていますか?

ゴルフ場では打つ前にしているけど。

このような人は多いと思います。

しかし練習で球を打つ以上に素振りをしている人は少ないのではないでしょうか?

スポーツの基本は素振り。

体育の時間や部活動を思い出して貰うと分かりますがどのスポーツでも素振りを多くすると思います。

しかしゴルフでは素振りをしっかりやる人は少ない。

今回は素振りについてお伝えします。

素振りの効果。素振りを練習するならアイアンがおすすめ

ゴルフは大人になってからやる人が多いからなのか素振りを大切に考えない人が多いです。

練習場を見ると一生懸命球を打っている人は多いですが素振りを多くしている人は少ない印象。

ですが本当にゴルフが上手くなりたかったら素振りを多くするのがおすすめです。

素振りをすることのメリットは大きく分けると以下の3つ。

 

・正しい形を覚えられる

・力まない

・リズムが良くなる

 

素振りは球を打たないので力まず正しい形を覚えるのに最適。

当然リズムも球を打つ時に比べて良くなります。

素振りをするならドライバーよりアイアンがおすすめ。

その理由はドライバーに比べ重く短いから。

重いと体を使って振る感覚が養われ、短いのでフェースの確認がしやすいことがあげられます。

球を打つより素振りの方がスイングが良くなる?

素振りの一番のメリットは正しい形を覚えられることです。

ゴルフスイングを良くするには何度も正しい動きをする必要があります。

良いスイングにすることを重視するなら球を打つより素振りをする方が効果的。

球を打つとどうしても真に当てたい、真っすぐ飛ばしたい、遠くに飛ばしたいなど欲がでるものです。

素振りであればそのような心配はありません。

球を打たないのでスイングに集中できるのです。

スイングが良くなれば自然と芯に当たる確率も上がり飛距離も伸びます。

今まで素振りを疎かにしていた人は是非アイアンで素振りをしてみましょう。

アイアンで素振りをするならここをチェック

素振りをすると言っても何となく振るのでは意味がありません。

目的をもって素振りをするのがゴルフ上達のコツです。

まずは正しい形を覚えましょう。

チェックポイントは無限にありますが、特に注意したいのはアドレス、トップフィニッシュのポディション。

アドレスでは股関節から前傾して背筋を伸ばします。

アドレスが間違っているとスムーズなスイングができません。

アドレスを正しくとったらトップでは軸がずれていないか、肩が入っているか、前傾角度がキープできているかチェックして下さい。

フィニッシュではバランス良く立てているか、クラブがしっかり巻きついているかチェックします。

この形を覚えたら次は普通のスピードで振った時でも同じ感じで振れているかチェックします。

自分の感覚でも構いませんが、全身が写る鏡を見ながら振るのがベスト。

鏡があればオーバースイングや前傾角度が崩れたのがすぐに分かります。

 

力が入ってしまう人にオススメの素振りが連続素振り。

ハーフスイングの振り幅でトップからフィニッシュに行ったら止めずにそのままトップまで持っていくのを繰り返します。

上半身に力が入ると振り続けることができずに止まります。

この練習をすることで上半身の力が抜けて軸も安定するのでオススメの練習方法です。

是非試してみましょう。

まとめ

今回は素振りについてお伝えしました。

どんなスポーツでも素振りは基本です。

ゴルフでも素振りで正しい動きを覚えて同じようにすることで球は正しく飛んでいきます。

今まで素振りをおろそかにしていた人は素振りをする回数を増やしゴルフを上達させましょう。

きっと新しい発見があると思いますよ。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。