【パター】ライ角の影響で打ち出しの方向がズレる【大本研太郎プロ】

パターの打ち出しが、
狙っている方向に対して微妙にズレる…

ズレは少なくても、
入るか入らないかで考えると、

大きなミスです。

フェースの向きも悪くない。
ストロークも安定している。

だけど方向が合わない…

そんな時にライ角を疑ってみてください。
トウアップやトウダウンと言われる現象です。

フェースの芯でとらえようとしても、

トウアップだとヒール側に当たりやすく
トウダウンだとトウ側に当たりやすくなるのです。

原因はボールと体の距離や、
グリップの高さなども影響する場合があります。

今回は「グラビティーメソッド2」から、
1項目をノーカットで公開しますので、

パットの精度を上げる参考にしてみてください。

大本研太郎の「グラビティーメソッド2」
実践に強くなるパッティング応用編

詳細はパッケージ画像をクリック ↓

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。

今なら最新ゴルフ理論が500円で学べます!

吉田直樹のLPスイング

ハイエストゴルフの公式LINEアカウントを友だち追加すると、
吉田直樹プロの「LPスイング理論」が
たった500円で学ぶことができます

>>詳しくはこちらをクリック!