パッティングのフォローは大きく?抑える?どっちで打つ?




「クォーター理論」終売セール実施中

パターの打ち方を検索してみると、

・フォローは大きく打つ
・抑えて打つ

どちらの記事も沢山出てきます。

どちらがいいのでしょうか?

日本で一番パッティングの
計測データを取っている大本研太郎プロが推奨しているのは、

「フォローは抑えて打つ」です。

その理由として、
フォローで打つ意識が強くなると、

アッパースイングになることにより
エネルギーの伝達方向が上向きになり、

インパクト時にエネルギーロスが起こります。
その結果、思っているよりもショートする。

ショートすると
さらにフォローを大きく振ってしまう。

エネルギーの伝達効率が良くなれば、
ストロークと転がる距離感が合ってきます。

カップインの確立の前に、
ナイスタッチが増えてくるでしょう。

また、フォローは抑えて打つと言っても、
「インパクトで当てるだけ」
ということでもありません。

インパクトで当てるだけのイメージになると、
インパクトの手前で強弱をつけてしまうので、

再現性の低いストロークになります。

今回は、
テイクバックからフィニッシュまでの振り幅について
動画で確認してみてください

オススメ記事

パットの出球が跳ねる原因⇒クリック
フェースの芯を外すとどのくらい距離をロスする?⇒クリック

<映像抜粋>
大本研太郎の「グラビティーメソッド」基礎理論&パッティング基本編