2.ブレないスイングをするには重心の位置が重要【大本研太郎プロ】

プロゴルファーはスイングの際に、
軸がブレないから、軌道もきれいで再現性が高い

軸がブレない。
ということは体幹が強い。

といった解説もよく聞きます。

では、身体が突っ込んだり、
伸びあがってしまうアマチュアゴルファーは…

体幹が弱いだけなのでしょうか。

プロとアマチュアのスイングデータを
数多く保有し比較している大本プロは、

アマチュアゴルファーの場合、

構えた時点でつま先重心になっている場合が多く、
テイクバックで重心がカカトに移動し、

ダウンスイングで再び
つま先重心になってしまう。

結果、身体が突っ込んでいる。

または、突っ込んでしまうことに反発しようと
伸びあがってしまうという場合が大半だと仰います。

しかし、一瞬のスイングの際に
重心がどこにあるのかというのは、

なかなか確認できません。

そこで、バランスディスクのような
不安定なものの上に立つことで、

重心がどのように移動しているのか、
さらに、身体のブレを確認することができます。

パターのような小さいストロークだと、
身体のブレは少ないかもしれませんが、

アイアンを振ってみると、
前後への重心のブレを強く感じられます。

パッティングでもショットでも、
重心位置が安定して構えられているかというのは

とても重要になります。

身体が突っ込んだり、
伸びあがってしまうことに心当たりがあれば、

ぜひとも動画を観てトレーニングしてみてください。

パターのような小さいストロークでも、
意外と重心が動いてしまうこともあるので、

ショットになるとより難しくなりますが、

安定した軌道のスイングをしていくのであれば、
すべての番手で重心位置を意識した、

バランスの良いアドレスを目指してください。

<映像抜粋>
大本研太郎の「グラビティーメソッド」基礎理論&パッティング基本編