浮かせて止めるアプローチの打ち方

グリーン周りから、
フワッと浮かせて、

ピタッと止めるアプローチ。

トッププロのショットを見て、
カッコイイから真似したいですよね。

しかし、失敗のリスクも高い

浮かせるということは、
フェースを開くので、

リーディングエッジが先にコンタクトして、
トップすることもあれば、

開いた分距離感も出しにくくなり、
ビビるとショートしてしまいます。

今回は浮かせるといっても、
ロブショットのような軌道ではなく、

イメージよりもやや低めに出して、
スピンで止める

ミスショットの確立も下がれば、
カップをはるかにオーバーしていくことなく、

寄せるショットが習得できます
坂田プロの解説は動画でご確認ください。

坂田プロのさらに詳しい情報は、
以下の画像をクリックしてご確認ください。