ドローとフェードを打ち分ける

インテンショナルショットを打ちたいとき、
どのような準備をしていますか?

ドローを打ちたいときは、
クローズスタンスで構える、

インからアウトに
ボールを包み込むように打つ、

フェードを打ちたいときは、
オープンスタンスに構える、

フェースを開いてカット軌道で
インパクトするなど、

普段のスイングから、
かなり変更点を加えて打つことになりますが、

坂田プロは、
「シンプルなスイングが理想」と仰います。

では、坂田プロ流の
ドローとフェードの打ち分けは、

アドレスもスイングも変えません。

体の一部分の回転スピードを変えて、
打ち分けていきます。

長年のゴルフ歴や指導歴から
生み出された方法。

まずは練習場で感覚を試してから、
実践でもお使いください。

詳しくは動画の解説でご確認ください。

坂田プロのさらに詳しい情報は、
以下の画像をクリックしてご確認ください。