ゴルフ初心者が気を付けたいラウンド中の悪い癖

ゴルフのラウンド前は練習場に通って少しでもスコアがよくなるように、一生懸命練習しますよね。

ただ、いざゴルフ場に行ってコースに出ると、緊張してミスが多発してしまう事は多くないでしょうか?

コースと練習場では状況が全く違うため、コースでは気を付けることが違います。

今回は、ゴルフ初心者がラウンド中に気を付けたい悪い癖とその直し方をご紹介します!

ミスを想像しない!

ゴルフ初心者の方は、コースに出るとどうしてもミスを考えてしまうのではないでしょうか。

  • ボールに当たらなくて空振りしてしまったらどうしよう
  • OBや池に行ってほしくないな

など、悪いことばかり考えてしまってはいませんか?

ミスする事ばかり考えてしまうと、負の連鎖に陥ってしまい、そこから思いもよらないミスに繋がってしまいます。

「メンタルトレーニングなんてまだ早いよ」と思ったそこのあなた!

ゴルフを始めた今のうちから始めることによって、習慣付けることが出来るようになりますし、ゴルフの上達も早くなります。

また、悪い事ばかり考えてプレーしても楽しくないですよね。

せっかく料金を払ってプレーをしているのであれば、気持ちだけでも盛り上げていきましょう。

ミスをしたとしても、

  • ボールに当たったから大丈夫
  • OBにならなかったから問題ない

など、いいところを探しましょう。

ただ、考える事に一生懸命練習になりすぎて、スロープレーは禁物です。

考えるのは一つの事!

練習場で練習していると、スイング中に気を付けることがたくさんありますよね。

コースでも、同じ量考えてスイングしようとはしてはいませんか?

コースでは、スイング中に1つのことしか考える事ができませんし、難しいことは考えるのをやめましょう。

一番気を付けたい事を意識するのがいいですよ。

初心者の方であれば、ボールをしっかり見るという事を意識してみてはどうでしょうか。

考えなくてもできるようになれば、また新しいことに変えていき、最終的には何も意識することなくスイングできるようになるのが理想です。

ただし、スイングに入るまでは頭のなかでいろいろ予習しても大丈夫で、あくまでスイング中に考えるのが一つだけという事です。

そして、スタンスを構えたらすぐに打つことを心掛けてください。

構えてから時間をかけすぎると体が固まってしまい、力が入りすぎてミスに繋がってしまいます。

ボールを追いすぎる!

コースでは、自分のボールがどこに飛んで行ったか気になりますよね。

そのため、ゴルフ初心者の方は、練習場よりもスイング中に顔を上げるタイミングが早くなってしまっている可能性があります。

そうなると、クラブがボールにちゃんと当たりませんし、思っているよりもボールが曲がってしまいます。

ゴルフ初心者のうちは、ゴルフ場のキャディさんについてもらうか、ゴルフのスコアが70台の方と一緒に回るのがいいですよ。

キャディさんはボールを見るプロですし、ボールを追うのは任せましょう。

また、自分のボールを見過ぎているあまり、周りが見えていない場合があります。

そうなると、同伴プレーヤーにも迷惑をかけてしまいますし、スロープレーの原因にもなってしまいます。

一緒に回っているプレーヤーのボールがどこにあるかは、しっかり把握しておきましょう。

他の人に惑わされない!

ラウンドしていると、どうしても一緒に回っているプレーヤーより、いいスコアで回りたいと思いますよね。

勝てないと思っている相手でも、1ホールでもいいスコアで上がる事が出来たらうれしいと思います。

また、スコアが勝てなくても、飛距離は一番飛ぶと気持ちがいいものです。

ただ、周りの事ばかり気にしていると自分のゴルフが疎かになってしまいます。

コースをラウンドするときは、自分のプレーに集中しましょう。

まとめ

今回は、ゴルフ初心者がラウンドで気を付けたい悪い癖とその直し方についてご紹介しました。

今回ご紹介した癖は比較的簡単なもので、直すにも意識次第で簡単に直すことが出来ます。

技術的な事は時間がかかりますが、気持ちは次のラウンドからスコアに影響してきますよ。

ゴルフは楽しくないと上達もなかなかしません。

練習もラウンドもイライラせず、ゴルフを楽しんでいきましょう!