パットを打つときに考えるべき”プロライン”とは!?

ショットはそこそこなのに、パットが上手くいかずスコアがまとまらない!ということ、よくありますよね。

ゴルフのスコアを作るには、パットはとても重要です。

初中級者なら、1ラウンドの平均パット数は30程度です。

スコア100なら、パッティグの割合は約30%にもなるということです。

200ヤードオーバーのドライバーも1打なら、50センチのパットも1打。

スコアアップをしていくためには、パッティングが上手くならなければなりません。

今回は、パター打つときに考えるべきことをご紹介します。

パターならプロに近づくことができる!?

アマチュアゴルファーが、プロゴルファーのように300ヤード越えの安定したドライバーショットを打つことは、ほぼ不可能です。

また、コントロールの効いたピンに絡むアイアンショットを、プロ並みの確率で打つこともまずできません。

パットなら正しい理解をすれば、それなりのレベルに達することができます。

アマチュアゴルファーでもプロゴルファーに近いところまでいけるのは、パットなのかもしれません。

ストロークの強さと曲がり幅をしっかりイメージ

パットの確率を上げるために、どういう手順で何を考えて打つのかが重要です。

パットは、以下の4つの手順で打ちましょう。

  1. まずは、まっすぐ狙った場合のストロークの強さを考える
  2. 打ちだすボールのスピードを想像して、曲がり幅を推測する
  3. 曲がり幅から、仮想のカップを決める
  4. 仮想のカップに向かって真っすぐ打つ

最初に、距離感を考えます。

そして、自分のイメージする距離に合わせたボールスピードを、生み出すストロークの強さを考えます。

カップの50センチくらい先に、ボールが止まるのが理想のストロークの強さです。

次に、グリーンの傾斜をよく見て、自分の打ち出すボールスピードをイメージしながら、どのくらいボールが曲がるかを考えます。

自分の打ち出すスピードが

  • 速いと曲がりは小さく
  • 遅いと曲がりは大きく

なります。

曲がり幅はボールのスピードによって変わることを認識して、曲がり幅を推定しましょう。

ストロークの強さや曲がり幅を推定出来たら、曲がり幅に合わせて打つべき場所に仮想カップを想定して下さい。

あとは仮想カップに向かって、決めたストロークの強さ打つのみです。

この4つの思考の手順をしっかり守って打てば、パットの確率は格段に上がります。

曲がり幅の読み方。プロラインとは?

曲がり幅をどのように読むのかは、難しい問題です。

基本的に、プロは曲がりを薄めに読んで、強めのストロークでパットします。

バーディを取らなければならないプロの世界では、バーディの確率を上げるために強めのパッティングが要求されます。

ボールスピードを弱めに、曲がり幅を多めに読んで打つパットは、入る確率が下がるのです。

しかし、アマチュアゴルファーの場合は、考え方を少し変える必要があります。

プロはバーディを狙わなければなりませんが、アマチュアは確実にパーを取ることが大切です。

プロラインで強めのパットをすると、大きくオーバーしていまい、3パット確率が上がってしまうのです。

曲がり幅を多めのパットすることで、3パットを回避することができます。

もちろん、アマチュアでもどうしても入れたいパットはあると思います。

そんな時は、プロラインに挑戦してみてくださいね。

まとめ

今回ご紹介した手順を、ルーティンとしてしっかりと実行してください。

また、プロラインという考え方を理解することで、曲がり幅のイメージもしやすくなります。

パターは、イメージをしっかり持った上で打つことが重要です。

しっかり考えてイメージしたら、仮想カップに向かって迷わず打つ!です。

パットは、スコアメイクにおいて大切な要素です。

パットに自信を持てれば、スコアもアップして、ゴルフがますます楽しくなりますよ。

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。