自分にぴったりのアイアンを見つけよう!選び方のポイントとは?




「クォーター理論」終売セール実施中

キャディバックには、全部で14本のゴルフクラブをセッティングすることが出来ます。

その中で、最も多くの割合を占めているのがアイアンで、ゴルフのラウンド中に使う回数が多いのもアイアンです。

そのため、自分の実力に合っていないアイアンを使っているといつまでたってもスコアはよくなりませんし、ナイスショットがでなければ面白くないですよね。

アイアンは様々なタイプがあり、多くのゴルフメーカーから発売されております。

どれが自分に合っているのかわからないという方も、多いのではないでしょうか。

今回は、ゴルフクラブの基本であるアイアンについてご紹介します。

フェイスのタイプは三種類!

アイアンのフェイスには、

  • マッスルバック
  • キャビティ
  • 中空

アイアンの三つのタイプがあります。

マッスルバック

このタイプのアイアンは、ヘッドが小さいために操作性に優れています。

ヘッドが小さいという事はゴルフクラブの芯も小さいため、少しミスをしてしまっただけで芯を外れ、ボールの飛距離が一気に落ちてしまいます。

ただ、ナイスショットした時に打感は非常によく、見た目もかっこいいため、プロゴルファーや上級者に好まれるアイアンとなっています。

キャビティ

このタイプのアイアンは、フェイスのボールに当たらない部分であるバックフェイスにくぼみがあるアイアンになります。

そのため、フェイスは大きくなりボールを捉えやすくなっています。

フェイスが大きい分重量が重くなりがちですが、くぼみを付けることによって軽量化を図っています。

また、重心が低く設定されているため、ボールが上がりやすいのも特徴です。

「キャビティ」タイプのアイアンは、初心者の方向けのアイアンとなっています。

「キャビティ」タイプのアイアンの中には、「ポケットキャビティ」と呼ばれる、さらに簡単なアイアンもあるのでチェックしてみてくださいね。

中空

このタイプのアイアンは、ゴルフメーカーのフォーティーンが開発したアイアンで、アイアンの中が空洞になっています。

「マッスルバック」のアイアンに比べて打ちやすく、「キャビティ」のアイアンよりは弾道が低くなり、ちょうど中間のクラブと言えるでしょう。

「キャビティ」タイプのアイアンと違ってくぼみがないので、メンテナンスしやすくお手入れはとても楽です。

シャフトも選ぼう!

ゴルフクラブのシャフトは、

  • カーボン
  • スチール

の2種類になります。

ゴルフにおいて、シャフトはグリップとヘッドをつなぐためのものだけではありません。

  • シャフトのしなりによって飛距離が出るようになったり
  • 合わないシャフトを使っていると最大限のパフォーマンスが発揮できなかったり

します。

一昔前は「スチール」のシャフトしかなく、女性や力のないゴルファーにとっては重くスイングする事が大変でした。

そこで開発されたのが「カーボン」のシャフトで、価格も比較的抑えられているため、普及しました。

  • 重いシャフトが「スチール」
  • 軽いシャフトが「カーボン」

というイメージがありますが、最近では

  • 軽い「スチール」
  • 重い「カーボン」

のシャフトもあります。

ただ、「スチール」シャフトの方が「カーボン」シャフトに比べてしなりが効きにくいため、シャフトのしなりを感じたい方には「カーボン」シャフトがオススメです。

素材で選ぼう!

ナイスショットした時に、ボールに当たる感覚はなんとも言えません。

やはり、ゴルフのショットを打った時の打感は大切ですよね。

アイアンのフェイスの製造方法は、

  • 鍛造
  • 鋳造

の二種類があります。

  • 「鍛造」は金属を叩いて形を形成
  • 「鋳造」は作られた方に流し込んで製造

されます。

圧倒的に「鍛造」の方が打感はいいですが、ミスをしてクラブの芯を外してしまうと飛距離が落ちやすくなってしまいます。

そのため初心者の方であれば、「鋳造」のアイアンがオススメです。

まとめ

今回は、ゴルフクラブのアイアンについてご紹介しました。

ほとんどのメーカーから今回ご紹介したタイプのものが発売されているので、自分の実力に合ったタイプがわかったら、好きなゴルフメーカーのものを選んでくださいね。

また、メーカーによってフェイスである顔も様々なので、構えたときにしっくりくるものを選ぶとミスが少なくなりますよ。

自分にぴったりのアイアンを見つけて、ゴルフスコアをよくしていきましょう。

投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。