アイアンショットをティーアップして練習するメリットとは

ゴルフ練習場でティーアップされたボール



「クォーター理論」終売セール実施中

アイアンをゴルフ練習場で練習する時に、人工芝の上から当たり前のようにショットを打ってはいませんか?

ドライバーの練習ではティーアップして練習しますが、アイアンは地面から打つものと思い込んでしまってはいませんか?

でも、実際のゴルフコースのショートホールではティーアップしてアイアンでショットを打つこともありますよね。

そのため、ティーアップしてアイアンを打たない事はないわけではありません。

また、アイアンもティーアップして練習することによって、メリットはたくさんあります。

今回はアイアンをティーアップして練習する方法、そのメリットなどをご紹介します。

ティーアップで手首の怪我を防止

ゴルフの練習で一度もミスをせずに、ナイスショットだけで終わったなんて事は一度もありませんよね。

プロゴルファーでさえミスをするのがゴルフのため、アマチュアゴルファーの方がミスをしてもおかしくはありません。

ただ、いかにミスを減らしていくか、大きなミスを出さないかがプロゴルファーとアマチュアゴルファーの違いになります。

ゴルフ練習場で練習をしていて、ダフってしまい、地面を打ってしまったことはありませんか?

ゴルフコースであれば、地面は土であったり、芝だったりするため柔らかいですが、ゴルフ練習場はコンクリートの上に人工芝、マットが敷かれているだけのため、硬い地面を打っているのと変わりません。

そのため、ミスしてダフってしまうと手首を痛めてしまう可能性があります。

一度だけでは問題ありませんが、何回も繰り返すと、ナイスショットでも手首が痛くなってしまいます。

そんな時に、ティーアップして練習すると、ダフってもボールの下を打つだけで済みますし、地面にあるゴルフボールを打つより、手首を痛める率が低くなります

ティーアップでバンカー練習になる

ゴルフをしている人のほとんどはバンカーが苦手という方が多いのではないでしょうか。

バンカーに入らなければいいスコアでラウンドできたのにと思ってプレーを終えることも多々ありますよね。

グリーン周りのバンカーはもちろんですが、厄介なのがコースの途中にあるフェアウェイバンカーではないでしょうか。

フェアウェイバンカーでもバンカーにゴルフクラブをソールして打つことはできないため、ゴルフクラブを持ち上げてショットを打たなければなりません。

そのため、芝の上からショットを打つときより、ミスが増えますし苦手意識もなくなりません。

ただ、グリーン周りのバンカー練習はできたとしても、フェアウェイバンカーの練習はなかなかできませんよね。

そんな時はボールをドライバーほどの高さにティーアップしてアイアンでショット打つようにしましょう

高くティーアップすることによって、アイアンを持ち上げてソールすることなくショットを打つ練習をすることが出来ます。

また、ボールを芯で捉えることが出来ないとティーを打ったり、ボールが全然飛ばなかったりするので、ミスもわかりやすいですよ

ショートホールのティーショット練習

ゴルフコースで実際にショットを打つとき、芝の上からよりも少し上げることが出来るティーアップして打てればいいショットが出やすいですよね。

それが出来るのがショートホールのティーショットです。

ただ、そのティーショットの高さも適当にしているとミスに繋がってしまいます。

ショートホールでのティーショットの高さを一定にするためにもゴルフ練習場で、打ちやすい高さを決めておきましょう

まとめ

今回はアイアンをティーショットして打つ練習のメリットについてご紹介しました。

ゴルフは様々な練習方法があります。

自分に適した練習方法を見つけ、できるだけ遠回りしないで上達できるといいですね。

◆関連記事◆
ティーアップの高さで何が変わるの?

投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。