7番アイアンで100ヤードを打つ練習でコントロールショットの精度が上がる

7番アイアンの画像



「クォーター理論」終売セール実施中

練習場でフルスイングばかりしていませんか?
フルスイングの練習も大切ですがコントロールして打つ練習をした方がゴルフは上達します
毎回フルショットの距離が残れば良いのですがそんなはずもありません。
中途半端な距離を打ったり林からの脱出のためにあえて低いボールで飛ばないようにコントロールする技術を覚えるとゴルフは簡単になります
今回は7番アイアンで100ヤードを打つ重要性をお伝えします

7番アイアンで100ヤードを打つことの意味

男性であれば7番アイアンは150ヤードと決めている人も多いかと思います。
その7番アイアンで100ヤードを打つ練習をしてみましょう。
その理由は2つあります。まず1つ目の理由は林などの脱出の為のコントロールショットを覚える意味です。

もう1つの理由はボディーターンで打つことを覚える意味です。次に詳しくお伝えします。

コントロールショットを覚えればゴルフが楽になる

ゴルフは毎回違う状況からボールを打たなくてはいけません。
毎回同じライから風も無くフルショットぴったりの距離が残るのであればコントロールショットは必要ないのかもしれませんが、実際は違います。
グリーンの大きさや速さも違えばピンポジションやボールのライ、風など同じ所から打つことはありません。
自分の調子も日によって変わります。毎回フェアウェイに置くのはプロでも難しく、時には林に入れることもあります。

そんな時に必要となるのがコントロールショットです。

7番アイアンのフルショットを150ヤード打つ人は8番アイアンのフルショットだと約140ヤードです。
145ヤードの距離が残った時にはコントロールショットが有効です。

林の中に入れるとフルショットを打てることは稀です。
木の下を抜いてフェアウェイまでボールを脱出するショットが多くなることでしょう。
そんな時には弾道を低くして距離を抑えたショットが必要になります。
そこで有効なのが7番アイアンで100ヤードを打つ練習なのです。

ボディーターンを覚えるのには小さい振りが有効

7番アイアンで100ヤードを打つことのもう1つの意味は腕を使わずにボディーターンで覚えるのに最適だからです。
何故7番アイアンで練習するのかと言うと7番アイアンが14本の中間のクラブだからです。
7番アイアンでボディーターンを覚えればどのクラブでも応用できます。フルスイングではどうしても飛ばそうと力んで腕で振りがちです。
そこで7番アイアンで軽く打てる100ヤードを練習するのです。

7番で100ヤードを打とうとするとスイングのふり幅はハーフスイング程度になります。
アドレスでできた上半身の形を崩さないようにして体の回転だけで打つようにします。
フェースの開閉を行わないようにしてスイングできれば球は真っすぐ飛んでいきます。
この練習を繰り返し行うことでスイングが良くなります。

7番アイアンで100ヤードを打つのに腕を振って調節する人もいますが、このやり方だとボディーターンとは言えずインパクトの力加減になってしまうので気を付けましょう。

まとめ

今回は7番アイアンで100ヤードを打つ重要性をお伝えしました。
7番アイアンで100ヤードを打つ意味はコントロールを身に着けることと、ボディーターンで球を打つのを覚えるためです。
普段林から何となく打っていた人は7番アイアンで100ヤードを打つ練習をすることでフェアウェイに出せる確率がぐっと上がります。

ボディーターンを覚えれば今まで以上に効率的に飛距離を出せ方向性も良くなるのでスコアアップが望めます。
フルスイングばかりの練習ではなくこのような練習も取り入れてみてはいかがでしょうか?

◆関連記事◆
スコアアップに必要なショートゲーム(100ヤード以内)の距離の打ち分け方とは?

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。