アプローチ上達に効果的な練習ドリル

アプローチショットでインパクト直前の男性ゴルファー



「クォーター理論」終売セール実施中

どんなに上手いゴルファーでも毎回パーオンできるとは限りません。
グリーンを外した時でもパーで上がるために必要なのがアプローチの技術です。
感覚が鋭い人は感覚でアプローチをしても寄っていくと思いますが、そうでない人はドリルを繰り返し行うことでアプローチの技術は上がっていきます
今回はアプローチのドリルの種類ややり方をお伝えします。
これを読めば寄せワンが増えてスコアが良くなると思いますよ。

アプローチのドリルをやる人が少ない?

練習場を見てみるとアプローチのドリルを行っている人はほとんど見かけません。
多くの人はフルショットの練習ばかりしている印象です。しかしそれではスコアは良くなりません。
ゴルフのスコアの6割は100ヤード以内と言われています。スコアを良くしたいのであれば100ヤード以内の練習に重点を置くべきです。
その中でもグリーン周りのアプローチは重要です。
セカンドショットでグリーンに乗らなかったボールは大抵30ヤード以内にあるはずです。
つまり30ヤード以内の短いアプローチ練習をする方がスコアが良くなる可能性が高いと言えます。
普通にアプローチをして距離感が良くなれば良いのですが、そもそもアプローチの打ち方が分からなかったり苦手意識を持っている人はドリルをすることがおすすめです。
ドリルと言っても色々なドリルがあります。
ヘッドの入りを一定にするドリルだったりリズムを整えるドリル、腕の使い過ぎを抑えるドリルなど自分に合ったドリルをすることがポイントです。
アプローチで大切なことは色々ありますが、正しい打ち方を知って腕の使い過ぎを抑えることで振り幅だけで距離感を作れます
次におすすめドリルを紹介します。

クラブを2本使ったハンドファーストドリル

まずおすすめしたいのがクラブを2本使ったハンドファーストドリルです。
このドリルの目的は手の使い過ぎを抑えて体の回転で打つことです。
アプローチの距離感を良くするためにはインパクトのフェースの面を一定に保つ必要があります。
ある時はインパクトでフェースが上を向いて、またある時はフェースが立って当たる。
これでは毎回球の飛び方が変わって距離感が合いません。正しい距離感を作るためには毎回同じようにボールに当てる必要があるのです。
それではクラブを2本使ったハンドファーストドリルのやり方を説明します。
クラブを2本用意して1本は普通に握ります。握るところにもう1本のヘッド付近のシャフトを握ります。
つまりクラブが長くなるように握ります。伸びたクラブが左脇に当たるように構えます。
この状態で打てば手首を返すことができなくなり常にハンドファーストの上体でインパクトできます
これはゴルフクラブでなくても構いません。何かしらの硬い棒であれば問題ないので植木鉢の支柱やアライメントスティックでも構いません

バランス感覚を養う片足打ち

もう一つドリルを紹介します。バランス感覚を養う片足打ちドリルです。
やり方は簡単片足で立ちアプローチをするだけです。
ゴルフ場は傾斜があり練習場のように平らな所から打てないこともよくあります。
片足だけで立ってアプローチをすると自然とバランスをとるようになるのでこのような練習をやってバランス感覚を身に付けましょう。
右足左足と両足やれば自分の苦手な方の足が分かってきます。
両足とも大差なくできるようにしましょう。

まとめ

今回はアプローチのドリルについてお伝えしました。
フルスイングだと直すことが難しい動作もドリルだと直しやすくなります。
ドリルは1回や2回やったからすぐに効果が出るわけではありません。
何度も繰り返し行うことで正しい動きが身に付きます
今回お伝えしたドリルを行って正しい打ち方を身に付けましょう。

◆関連記事◆
スイングの振り幅でアプローチの飛距離を安定させる方法

初心者から上級者まで活用できるランニングアプローチのコツとは?

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。