もしかしたらやっている!?マナーが悪い人の特徴とは?

ゴルフは、紳士のスポーツです。

紳士はマナーが大切なのは、言うまでもありません。

しかし、そんな紳士のスポーツのゴルフでマナーが悪い人は大勢います。

本人に悪気は無くても、ゴルフを知っている人から見たらマナー違反だと思われることも…。

特に、初心者のうちはマナーなんてわからないことばかりだと思います。

今回は、マナー違反と思われることを紹介します。

マナーが悪くてもペナルティはありませんが、良いことは一つも無いのでしっかり最後までご覧下さい。

服装がだらしない

ゴルフをやる人は知っていると思いますが、ゴルフにはドレスコードがあります。

バブル期を経験している人は、一緒に行く人にジャケット着てきなさいとか言われたと思いますが、最近ゴルフを始めた人は知らない人も多いかと思います。

最近は、昔に比べてカジュアルなゴルフ場が多く、ジャケットを義務付けていないコースも多くあります。

知らない人のために、いくつかのドレスコードを紹介します。

  • ジャケット着用
  • クラブハウス内では帽子はとる
  • ジーパンなスウェット、サンダルなどカジュアルすぎる服装禁止
  • 襟のないTシャツなど禁止
  • タオルは首や肩にかけてはいけない
  • ポロシャツの裾はズボンに入れる

このようなドレスコードがあります。

洋服に関しては、ゴルフショップで売っているような服装ならOKです。

他にもユニクロのような目立たないウェアなら問題ないのですが、ゴルフメーカーでない派手なポロシャツなどは着て行かない方が良いでしょう。

普段の生活では気にならないような事が、ゴルフ場では目立ちます。

例えば、若い人でシャツの裾をズボンの中に入れる人は少ないと思いますが、ゴルフ場では入れていないとだらしなく見えて浮きます。

夏の暑い日は、汗を拭くためにタオルを持っていきますが、暑いからと言って首や肩にかけるのもマナー的に良くありません。

帽子のツバが首に来るようにするのも、よくありません。

特に、ゴルフを長くやっている人から見ると、非常にみっともないので気をつけましょう。

立ち位置が間違っている

服装が正しくできたら、それで終わりではありません。

ゴルフでは、他人が打つ時の立ち位置も重要です。

これから打つ人の真後ろに立っていると、スイング中に気になる人も多いのです。

立つべき位置は、打つ人の前に出ず、なおかつ視界に入らないような位置です。

つまり、近づき過ぎない場所の正面か後ろであれば気にならないので、気をつけましょう。

とは言っても、実際プレーすると打つ人よりも前に行くケースが多々あります。

そのような時は、絶対打つ人のボールを見ておいてください。

特に、右前はシャンクしたら飛んでくるので、十分に気を付けましょう。

スロープレー

これは、マナー違反と同時に競技の場合ペナルティが付きます。

ゴルフで一緒に回りたくない人ランキング1位が、スロープレーの人です。

自分の番になったら、すぐに打てるように準備をしておくことが大切です。

自分の番になってからティーやボールをポケットから出しているようでは、プレーが遅くなります。

次に打つとわかっているのなら、手に持ってすぐに打てるように心がけましょう。

初心者のうちは、どうしてもミスショットして時間がかかります。

ミスはしかたがありません。

問題はミスした後、走って自分のボールに行くかどうかです。

ここでゆっくり歩いていてはスロープレーになるので、気をつけましょう。

まとめ

今回は、ゴルフのマナーを簡単に紹介しました。

マナーは、とても大切です。

  • 競技に出るようなアスリートゴルファー
  • ゴルフを楽しむエンジョイゴルファー

など、マナーに気をつければ、今まで以上にゴルフが楽しくなるはずです。

逆に、マナーが悪いと色々な悪評が立って、誰もあなたとプレーしたいと思わなくなる可能性があります。

是非、マナーを身に着けて、紳士なゴルファーを目指しましょう。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。