フェードボールのメリットと打ち方

先日、「ドローボールのメリットと打ち方」
という記事を投稿しました。

 

ドローボールと逆の弾道で、
フェードボールというものがあります。

 

ドローボールは風に強くランも出て飛距離をかせげる。
というメリットがありましたが、

 

フェードボールにもメリットはあります。

 

ドローもフェードも打ち分けられると、
ゴルフコースの攻め方は、

 

より楽しく戦略的になってきます。

 

今回はフェードボールについて紹介していきますので、
最後までお付き合いください。

 

今回の目次

1.フェードボールとは、どんな弾道?
2.スライスとどう違うの?
3.フェードボールのメリット
4.フェードボールの打ち方
5.まとめ

 

フェードボールとは、どんな弾道?

 

フェードボールとは、目標に対して真っすぐ、
あるいはやや左側に打ち出されたボールが、

 

空中で右に曲がりながら、およそ目標付近
に戻ってくるような弾道のこと。(右打ち)

 

スライスとどう違うの?

 

フェードボールの厳格な定義はありません。

 

・スライスより曲がりの幅が小さいものがフェード
・左に打ち出して右に戻ってくる球がフェード
・ほぼ真っすぐ飛び出して落ちぎわに右へ切れる球がフェード

 

などなど、人によって定義が異なる。

 

よって、同じ右に曲がる弾道でも、
フェードとスライスの境界線は曖昧です。

 

フェードボールのメリット

 

フェードボールはドローに比べて、
ランが少ないため、

 

キャリーを把握できていれば、
狙いたいところに打っていけます。

 

また、フェードはヘッドを振り抜いた方向から
右へ曲がっていくので、

 

弾道のイメージがとてもしやすいです。

 

フェードボールの打ち方

 

狙いどころにフェース面を向けて、
通常のアドレスを取ります

 

基本的にボールは、
フェースが向いた方向に飛んでいき、

 

ヘッドが通る軌道で回転をコントロールし、
曲げていきます。

 

フェースを目標方向に向けて
スタンスをクローズにして打つとドロー、

 

オープンにするとフェードになるのですが、
フェードに関しては少し注意が必要です。

 

ただ単に左足を引くオープンスタンスでは、
ボールが右寄りになり、

 

フェース面も開いってインパクトするので、
右にプッシュアウトして、スライスになる可能性が出てきます。

 

そうならないために、
ボールから足元までを半径として、

 

円をイメージしてください。

 

その円い沿って右足側に移動すると、
球の位置が自然と左側に寄ったオープンスタンスになります。

 

あとは、スタンス通りに振ることで、
カット軌道になるのでフェードが打てるというわけです。

 

この時、フェースを開いたり、
アウトサイドインなどでスライス回転を増やそうとすると、

 

曲がり幅のコントロールが
難しくなるので注意してください。

 

まとめ

 

まずは、ボールを中心として、
スタンスを右回りに移動することで、

 

どのくらい曲がり幅が変わるのか、
打ちたい弾道は足幅1つか2つ移動するのかなど、

 

練習場で確認しながら、
練習されることをお勧めします。

 

ドローボールと同様、フェードも習得することで、
コース攻略に役立つこと間違いなしですね。

 


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

LINEで友達になるだけで、プロのレッスンを自宅でしかも半額で受けられます!

「ハイエストゴルフ」がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、「ハイエストゴルフ」で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのゴルフDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!