アプローチの精度を高めよう!サンドウェッジの効果的な練習方法

サンドウェッジの効果的な練習方法

練習場でなかなか練習できない、コースでの場面というのはどのような場面でしょうか?

練習場では練習マットがあってティーアップも可能です。距離も短く打てるし長いのも打てる場所が多いですね。

やはりその中でもバンカーショットは、意外にコースで打つことが多いのに練習場では練習できないシチュエーションですね。 

苦手意識のある方はここに由来していることが多いようです。 

  • フェースをどの程度開いたらいいのか分からない
  • 構え方やスタンスが練習と異なるので打ちづらい 
  • 強さが分からない
  • ボールのどこを目標にすればいいか分からない

などでしょうか。

ただ、バンカーでも特にグリーン周りにおいては、ピンにどれだけ近づけることができるかで、1打2打がすぐ変わってしまいます。

プロのように格好よくスピンをかけてデッドに。なんてことまではできなくても1ピン以内につけることの確率が高まれば自然とスコアメイクに繋がります。

今日はサンドウェッジでのアプローチ練習でもグリーン周りのバンカーについて考えていきましょう。 

サンドウェッジでの効果的な練習 

サンドウェッジにはバウンスと呼ばれる底の部分があります。役割は砂に深く入りすぎるのを防ぐためです。

フェースの開き方 

フェースを開くことによってより砂に潜りにくくなりますので、まずクラブ自体の特性を知っておいてください。 

バンカーに入りフェースを開きますが、ここで注意点はグリップを先にしないことです。

まずフェースを開いた分、クラブは右を向いていますので、右に見た分だけ左足をオープンに開きます。スタンスを決め、フェースを同時に開き、その後にグリップすることが重要ですよ。 

クラブは目標に向かって出す 

さて、クラブを振りかぶるときはスタンスに沿って振り上げますが、クラブヘッドは必ず目標方向に出す意識をしてください。コツは右足は必ず目標方向に対して90度の垂直になっているようにします。 

 ボールへの入射 

料理で目玉焼きを作ることはありますでしょうか?目玉焼きが出来上がった時にコテなどで、玉子が割れないように周りからフライパンの表面に向けてコテを入れるようなイメージですが、これと似た感覚です。 

初心者がボールに直接当てようとしてバンカーから出ない場面がよくありますが、ボールを玉子に見立てて少し後ろの方から入射するイメージです。 

バンカーが浅ければボールのすぐ下に潜らせるイメージで、バンカーが深ければ上から叩くイメージが必要ですが、いずれもボールの少し後ろに入射することが重要です。

上から叩くことが上手くいくと、バンカーの砂が爆発したように見えますね。これをエクスプロージョンショットと言います。何か聞いたことありますよね。バンカーで目玉になった時には必要なショットです。 

 室内での効果的な練習 

これら、サンドウェッジ、特にバンカーショットについては練習場で練習するような場所がなかなかありませんよね。 

筆者はバンカーショットのイメージをふくらましたいときは、左手に消しゴムやピンポン玉のようなものを乗せて、右手をクラブに見立てて入射のイメージをしたりしていますが、意外にこれらのようなイメージトレーニングだけでも本番のコースでイメージが出来上がり、何もしないよりは良い結果を得たりもします。 

普段からのイメージ作りが大切だという事でしょうか。 

もちろん、実際にクラブを握り、スタンスを取ることが可能な場所が確保できるのであれば、同じようなことを室内でイメージすることが本番で上手くいくコツです。是非練習として取り入れてみてください。 

 まとめ 

サンドウェッジというクラブ自体は基本的にバンカーショットでプレイヤーが極力ミスショットを少なくできるように設計されています。

最近はバウンスが更に進化しており、打ち方や入射角度を間違えなければグリーン周りのサンドウェッジを利用したアプローチは難しいものではなくなってきました。 

グリーン周り、特にバンカーでお悩みの方は、以上のような打ち方の基本動作を再度確認して、自分に合ったサンドウェッジを選びなおすことも選択肢の一つです。グリーン周りからの直接カップインや、寄せワンはかっこいいですよね。 

◆関連記事◆
深いラフから打つアプローチの精度を上げる練習

ミスショットになりにくいアプローチの打ち方と練習方法

ゴルフ場に早めに行ってやるべきスコアが良くなる練習

投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。