メリット多すぎ!パンチショットの打ち方

「パンチショット」と呼ばれる打ち方を
ご存知でしょうか。

 

低い弾道で方向性を出す打ち方です。

 

ライン出しショットとまとめられることもありますが、
パンチショットを覚えると、

 

特に難しい状況でも楽に打てるようになるなど、
メリットがたくさんあるので、

最後までお付き合いいただき、
参考にしてみてください。

 

今回の目次

1.パンチショットとは
2.パンチショットのメリット
3.パンチショットの打ち方
4.まとめ

 

パンチショットとは

 

パンチ ショットとは、
クラブをコンパクトに構えた状態から打つショットのこと。

 

インパクトでスイングを完結させるように打ち、
フォロースルーを取らないことが特徴であり、

 

ライン出しショットと違う点でもある。

 

パンチショットのメリット

 

・低い弾道で飛ぶので風の影響を受けない

・方向性を出しやすい

・林の中などのリカバリーショットとして使える

・ディボット跡など悪いライの時に役に立つ

・左右への曲がり幅が少ない

 

などなど、木の間をピンポイントで通したいときや、
ボールが沈んで条件が悪い時など、

 

いろいろな場面で打っていける便利なショットです。

 

パンチショットの打ち方

 

こんなに便利なショットだから、
習得までが難しいのでは…

 

と考えてしまいますが、
要点を抑えれば、難しいテクニックは必要ありません。

 

まず、ボールは真ん中から右足寄りにセットします。
ハンドファーストにセットして、

 

腰の高さからスリークォーターぐらいまで振り上げたら、
切り返しからインパクトまで一気に加速してスイングを完結させます。

 

フォローは、慣性で出ると思いますが、
スイングはインパクトで止めるように打ち込んでください。

 

ボールを右側にセットし、ハンドファーストで打ち込むことで、
低い弾道で弾は飛び出していきます。

 

アークローテーションは抑えて、
フェース面はターゲットに向けてるようにしましょう。

 

腕の振りだけではボールを強くはじき出すことができないので、
大きな体重移動は必要ありませんが、

 

しっかり下半身を使い、インパクトでは
左足に体重が乗るようにしてください。

 

注意点としては、ボールを真上からつぶすように、
ヘッドで地面をたたきつけないことです。

 

インパクトの衝撃が大きくて手首を怪我する危険があります。

 

ボールを低弾道で、強くはじき出すイメージです。

 

まとめ

 

パンチショットはアイアンに限らず、
FWやUTでも打つことができます。

 

少し短めに持つことで長いクラブでも、
強くはじき出すことができるます。

 

まずは、練習場で
いろいろなクラブを使ってパンチショットを打ってみてください。

 

強い球が打てるようになった時に、
フォローを普段通りに出してみると、

 

今までよりも強い弾道で、
飛ばせるスイングになっているかもしれません。

 

インパクトを強くする方法としても有効なので、
メリットが多いパンチショットを習得しましょう。