ゴルフはイメージが大切!プロのスイングでイメージトレーニング

ゴルフ初心者が、正しいスイングを身に着けるのは簡単なことではありません。

人に聞いたり、レッスン本を読んだりして、理屈はわかったものの、自分のスイングはなかなか改善できない、そういった悩みをもったゴルファーは多いのではないでしょうか。

今回はそんなゴルファーのため、正しいスイングを身に着けるためのイメージづくりについて解説します。

ゴルフのスイングは複雑で難しい!?

ゴルフスイングは、小さなボールにクラブヘッドの力をしっかり伝えることが必要で、体全体の微妙な動きの調和が求められるため、想像以上に難しい動作といえます。

世の中には、様々なスイング理論が横行しており、正しいスイングをするために、どの理論を信じていいのか悩んでしまうことも多々あります。

アドレスからトップへのクラブの動かし方についても、「手先で動かすのではなく体全体でクラブをあげる」など、具体的にどうすれはいいのかわからない説明も多く聞かれますし、テイクバックの方向をどう考えればいいかについても、手首の動きや腰の回転の方向、クラブヘッドの向きなど、いろいろな要素があり、詳細に説明されても難しくなるばかりで理解できなくなります。

特に初心者のうちは、あれこれ多くの説明をされても全くついていけず、ますますどうしていいかわからなくなるものです。

ゴルフスイングは、理屈だけでは理解することが難しい動作なのです。

理屈よりもまずはマネをしよう

特に初心者では、細かい理論を学んでも、理屈だけで実際に再現することは難しいので、理屈を自分のスイングに取り入れることは簡単ではありません。

そこで、試してほしいのが、プロや上級者のスイングをよく観察してマネをすることです。

徹底してマネをすることで、スイングのイメージがわかってきますので、ある程イメージをつかんでから理論と照らし合わせることで、効果的に正しいスイングに近づくことができます。

なるべく細かい点まで観察してマネをすることが上達への近道です。

スイング動画でイメージづくり

最近ではネットなどで、プロのスイングを手軽にみることができますし、動画も高精度高画質でスロー再生やコマ送りすれば、細かい動きまで確認することができます。

参考にする動画ですが、なるべく自分の体格に近いプロを探してみましょう。

せっかくですから、こんなスイングを目指したいと思えるプロの動画を選ぶことでモチベーションもアップしますが、男子トッププロなどは、その強靭な肉体がないでできないスイングをしているため、参考にならないこともありますので注意して下さい。

男性でも、女性プロゴルファーの方が参考になることもありますから、見ていてイメージが湧いてくる動画を探してみましょう。

また、後方から、アドレス正面からなどのいろいろな方向からのスイングをみてマネをすることも大切で、立体的なイメージをつかみましょう。

さらに、細かい点を見ることだけでなく、スピード感や力感など全体的な雰囲気もよく観察してマネをするようにしましょう。

ぼんやりとナイススイングを観続けるだけでも、頭にスイングイメージが刻まれるので効果があるといわれています。

プロのスイング映像を1時間ほど見た後に、練習場に行ってみると見違えるようなショットが打てた、という話もあるようですから、試してみてください。

まとめ

いかがでしたか。

特に初心者のうちは、理屈ばかりを頭に入れても、なかなか上達しません。ゴルフスイングにおいてはイメージが重要です。

まずは上手い人のマネをすること、プロなどの動画を徹底的にみてイメージをつかんでください。

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。