アイアンが苦手ならピッチングで練習するのがおすすめの理由

アイアンが苦手でゴルフにならない。

初心者でこのように感じている人はいませんか?

ティーアップすれば何とか当たるけれど、地面からのボールはなかなか当たらない。

仮に当たったとしてもどこに飛ぶか分からない。

あなたがこのような悩みを抱えているのであれば、ピッチングの小さい振りから練習するのをおすすめします。

何故ピッチングが良いのか?

疑問に思った方は最後まで読めば答えが分かります。

それでは見ていきましょう。

初心者はピッチングで練習すれば良いことばかり

あなたはアイアンの練習は何番ですることが多いですか?

多くの人は7番アイアンで練習するのではないでしょうか。

スイングを作るうえで、全てのクラブの真ん中のクラブが7番アイアンです。

それを知ってか、7番アイアンで練習している人が多い気がします。

7番アイアンでしっかり当たっている人はそれでも構いません。

しかし、7番アイアンが当たらない人も多いと思います。

そんな時におすすめするのがピッチングウェッジ。

初心者のために説明するとPと書いてあるクラブです。

これは9番アイアンの下のクラブ。

それでは何故ピッチングウェッジで練習するのが良いのか理由を説明していきます。

アイアンの練習にピッチングが良い理由

それではアイアンの練習になぜピッチングが良いのか理由を説明していきます。

まず1つ目の理由は短くて操作が簡単であることです。

7番アイアンに比べピッチングはクラブが短くできています。

そのため操作が簡単。

例えるなら、料理に使う菜箸と普通のお箸どちらが扱い易いですか?

当然短い普通のお箸ですよね?

これと同じ。

長いクラブより短いクラブの方が扱い易いのです。

 

2つ目の理由はロフトが付いている為です。

アイアンが苦手な人はボールを自分で上げようとする意識が強いことが多い。

自分で上げようとすると手首をこねて当たったとしてもスピン量が多く高いボールになってしまいます。

逆にアイアンが上手い人は上から打ち込むのが特徴。

いわゆるダウンブローです。

ピッチングならロフトが開いている為簡単にボールが上がります。

手首を使うと飛距離が出なくなるので、自然とダウンブローで打つ感覚が養えます。

 

3つ目の理由はアイアンの練習と同時にアプローチの練習にもなる点です。

多くのゴルフ初心者はアプローチはピッチングですると思います。

ピッチングでアイアンの練習をすればピッチングの距離感を自然と覚えられるのです。

宮里3兄妹もピッチングの練習からゴルフを覚えた

ゴルフで有名な宮里聖志、宮里優作、宮里藍の宮里3兄妹もピッチングでゴルフを覚えました。

ティーチングプロのお父さん指導の元、ピッチングで30ヤードを打つ練習をひたすら繰り返したそうです。

ピッチングで30ヤードの振り幅とは腰から腰の振り幅。

ゴルフ用語でビジネスゾーンと言われる部分です。

ビジネスゾーンでどのようにクラブが動くかによりボールの飛び方が変わってくる非常に大切な部分。

極端な話、他の部分がデタラメでもビジネスゾーンが完璧ならボールは正しく飛んでいくのです。

ピッチングで30ヤードの練習をすることで、30ヤードの距離感を身につけることに加えてビジネスゾーンが安定します。

地味な練習と感じるかもしれませんが是非取り入れてみましょう。

まとめ

今回はアイアンが苦手ならピッチングで練習するのがおすすめの理由を説明しました。

クラブが短くロフトもあって扱い易いクラブがピッチングウェッジです。

アプローチでも使用できてアイアンを練習するのにぴったりなクラブがピッチング。

もしあなたが今よりアイアンを上達させたいのであれば、ピッチングの30ヤードから始めてみませんか?

 

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。