ゴルフルール解説。人に当たる、動物に当たった時の対処法

打ったボールが人に当たってしまった場合どうすれば良いのだろう?

ゴルフをやっていると自分では想定しないミスがでることがあります。

もし打ったボールが人に当たってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

今回は打ったボールが人や動物、物に当たった時にどうすれば良いのかお伝えします。

この記事を読めば迷うことがなくなると思いますよ。

ゴルフルール解説。打ったボールが人に当たった場合はどうすれば良いのか?

ゴルフでは予期せぬことが起きるものです。

自分ではピンを狙っているのにシャンクして人に当たることだってあるかもしれません。

ゴルフルールでは人に当たったボールはそのままです。

偶然であれば人に当たってもペナルティはなく止まった場所からプレーできます。

これは自分に当たった場合も同様です。

2019年のルール改正により自分に当たった場合もペナルティはなくなったので覚えておきましょう。

グリーン上ではルールが少し違います。

グリーン上では人や動物、風などで飛んできた物によってボールの動きが変えられた場合はストロークを無効として元の位置にリプレースして再開します。

グリーン上であろうとなかろうと故意にボールを止めた場合は止めたプレーヤーが2打罰となり、止められなかったら止まったであろう場所に救済エリアを決めてドロップします。

人に当たった場合のルールはこの辺りを理解していれば問題ないかと思います。

打ったボールが物に当たった場合のルール

人に当たった場合のルールが分かったところで次は物に当たった時のルールを説明します。

2019年のルール改正前までは自分の携帯品やカートなどにボールが当たった場合は1打罰でしたが、ルール改正後はペナルティがなくなりました。

物やカートに当たった場合は止まった場所から打つのが正解です。

しかし気を付けなくてはいけない点もあります。

それはグリーン上です。

グリーン上で打ったボールが同伴者のボールに当たると2打罰になります。

この場合、当たった方はボールの止まった場所から、当てられた方は元の位置にリプレースする必要があります。

 

コースによっては電線に当たる場合があります。

ほとんどの場合ローカルルールで再度打ち直しになっていると思いますが、これはあくまでもローカルルールです。

ローカルルールで書いてなければ当たったとしてもそのまま止まった位置からプレーするしかありません。

競技でこのようなホールがあるとわかっていれば、確認するのが良いでしょう。

動物に当たった場合のルール

ゴルフ場は自然の中に作られています。

カラスをはじめ、イノシシや猿、キツネやタヌキなど様々な動物がいます。

もし打ったボールが動物に当たった場合はどうすれば良いのでしょうか?

動物に当たった場合は止まった場所からプレーするのが正解です。

動物がボールを持って行ってしまうこともよくあります。

この場合は止まっていた場所にペナルティ無しでリプレースすることができます。

止まっていた場所がはっきりしていない場合は、止まっていたと思われる場所にドロップすることができます。

注意してもらいたいのは、打った場所からははっきり見えていなかった場合はロストボール扱いになることです。

同伴者が見ていれば無罰でドロップすることができますが、まっすぐ飛んで行ったのに見つからないから動物が持って行ったのだろうと予測でドロップをすることはできないので注意して下さい。

まとめ

今回はゴルフルールで人に当たる場合を説明しました。

意図的に当てない限り、人に当たっても無罰でボールは止まった場所から打つことができます。

これは動物や物に当たった場合も同様です。

ゴルフルールは数多くあるので、少しづつ覚えていきましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。