パター【クイズ】フェースの芯を外すと、どのくらいの距離をロスする?【大本研太郎プロ】ゴルフ

文中にクイズを出題していますので、
チェレンジしてみてください。
(正解も確認していただけます)

パッティングの際に「距離感」
を合わせることは、

ワンパットの確立を上げたり、
パット数を減らすために必要な技術です。

距離感を合わせるための練習法なども、
大本プロの第1弾DVDで紹介していますが、

安定した距離感を確立するうえで重要なのは、
毎回フェースの芯でインパクトすること。

もしくは、
フェースの同じ位置でインパクトすることです。

多くの場合、フェースの芯に当てるように
パッティングをしていると思いますが…

ここからが問題です。

同じ振り幅、ストロークのスピードで、
パッティングをした場合、

フェースの芯で打った距離を100%として、
フェースの芯を外してしまった場合は、

最大で何%の距離をロスすることになるでしょう?

・・・

・・・

・・・

正解は⇓

最大で約15%も距離が落ちてしまいます。

5メートルのパットだと、
最大で75センチメートルの距離が残ることになります。

この数値の上に傾斜などが加わると、
75センチメートル以上の距離が残ることになりますね。

ちょっと嫌な距離です…

安定感抜群のパッティングをするためには
フェースの芯、もしくは同じ位置で打てる技術を習得しなければなりません。

まずは、バランスの良いアドレスが取れていること。
次にパターの形状による特徴を理解していること。

さらに、
パッティングの軌道による、インパクトしやすい位置を知ること。

これらを知ることで、
毎回同じ位置でインパクトできるようになるので、
距離の安定感が上がってきます。

「グラビティーメソッド2」を参考にして、
技術力を高めて、スコアアップにつなげてください。

詳細はパッケージ画像をクリック ↓