もうダフらない!

練習場やコースでのミスショットといえば…

・ダフる

・トップする

・ヒールに当たる

・思ったよりも右に打ち出す

・思ったよりも左に打ち出す

この5項目が当てはまります。

「たら」「れば」を言い出せば、
キリがないですが、

あのショットをダフらなくて、
グリーンに乗っていたら…

右じゃなくて、
真っすぐ打ち出していれば…2打は縮めてた

と、思うこともありますよね。

実際にミスがなければ、
スコアは良くなるのです。

ミスショットを減らせばいいのです。

なぜミスをするのか…?

それはイメージしたショットと、
結果が違うからミスショットなわけです。

結果オーライの場合もありますが、
100ヤード打ちたくて、

20ヤード短くても、長くてもダメですよね。

イメージしたショットを打つ身体の、
コントロールできていないことになります。

ゴルフの上達、スコアをよくすることにおいて、
コントロールショットは欠かせません。

今回は、縦距離がズレる原因、
「ダフる」についての動画です。

当てはまっていることがないか、
確認してみてください。

「コントロールショット」DVD
2019年10月17日(木)リリース。
詳細は画像をクリック↓

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

ショットのデモンストレーションをしている
大本プロの基本理論はコチラ↓(画像をクリック)

コントロールショットにつながる
パッティングテクニック応用編はコチラ↓(画像をクリック)