全米女子オープンで、渋野日向子選手は惜しくも4位

ハイエストゴルフの大津です。

先週、海外女子メジャー「全米女子オープン」が、
テキサス州のチャンピオンズGCサイプレスクリークコースで行われました。

渋野日向子選手、惜しかったですね。
首位と2打差の4位でした。

優勝したのは韓国のキム・アリム選手でした。

渋野選手は初日、2日目と好調でした。
初日はトップと1打差という好位置に付けます。

2日目も「67」で回り、スコアを伸ばし逆転。
3打差で単独首位に立ちました。

ただ、3日目はボギーが重なり「74」と苦戦。
なんとか首位は守ったものの、1打差に詰め寄られます。

それでも、日本人初の
メジャー2勝への期待がかかりました。

4日目は大雨の影響で順延となり、
心機一転のチャージに期待されましたが、

ボギーが先行する展開となり、逆転を許しました。

私もリアルタイムでテレビ中継を見ていましたが、
とても寒そうでした。

前日の大雨の影響でフェアウエーもぬかるみ、
ランが出ず、しかもボールに泥が付着するような状態でした。

厳しいコンディションで、
最終日にアンダーパーで回ったのは6人だけでした。

渋野選手自身は「条件はどの選手も同じ。3日目、4日目が自分の実力」
と話していましたが、悔しい思いをしたのではないでしょうか。

ただ、「メジャー2勝」という大きな期待とプレッシャーがかかる中でも、
首位とわずか2打差、単独4位に入ったのは立派です。

この1年、よくも悪くも、渋野選手は大きく注目されました。

成績不振から、「スイング改造が間違っているのではないか」
「来年以降も心配」などと書かれることもありました。

ラウンド中に、テレビ局のクルーから
お菓子を渡されるといった事件も起きました。

渋野選手がもし今大会で予選落ちなどになっていたら、
年末や年始に出るメディアの総括記事などで
厳しい論調で書かれていたことでしょう。

そういう点では、2020年最後のメジャーで、
これだけの成績を出せたことは、

文字どおり来年につながる
いい流れになったのではないでしょうか。

渋野選手本人も「もっとアメリカでやりたい」と手応えを語っているようです。
ぜひ活躍してほしいですね。

メジャー2勝目への期待もかかります。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。