ドライバーのアドレスでソールする、しないの違い

さぁ、ティーイングエリアから打ち出すとき、
ティーを刺して、ボールをセットして、

 

アドレスを取った状態を
イメージしてみてください。

 

ドライバーのヘッドは地面についていますか?
それとも地面から少し浮いていますか?

 

どちらが良い悪いではなく、
それぞれの違い矢メリットも確認しておきましょう。

 

1.ドライバーでソールする
2.ドライバーでソールしない
3.まとめ

 

ドライバーでソールする

 

ソールをすると、ボールの後ろにピタッと
ドライバーを置くことができるので、

 

アドレスの位置関係や、クラブの長さ、
ライを感じやすくなります。

 

また、静止しているので、
フェースの向きをスクエアに合わせることができます。

 

そのため、アドレスの形にこだわる、
「静」の状態から動いだしたい人、

 

また、ターゲットに対してフェースの向きを
キッチリ合わせて打ち出したい場合は、

 

ソールすることをオススメします。

 

ドライバーでソールしない

 

ソールしない場合は、空中にあるヘッドの重みを
常に感じることができます。

 

完全に静止することは難しいですが、
その分、小さくワッグルしているような感覚も出てきます。

 

常に小さく動いているため、
テークバックや体重移動がスムーズに行えます。

 

止まると緊張が増す、リズム感で打ちたい。
といった場合はソールしないの方がオススメになります。

 

まとめ

 

ソールする、しないのは、あまり理由がなく
いつからか勝手に決まっていませんか?

 

練習場で、いつもの逆をしてみると、
今までになかった感覚を得られるかもしれません。

 

出来れば、両方の結果を確認してから、
どちらか良い方を採用してみてください。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題