ウェッジが上手い人と下手な人の違いとは?

ゴルフは、100ヤード以内が65%を占めると言われています。

つまり、100ヤード以内が上達すればスコアアップが望める訳です。

100ヤード以内のショットは、ウェッジでのコントロールショットとパターが大半です。

今回は、ウェッジに絞って上手い人と下手な人の違いを説明していきます。

ウェッジとは何か?素朴な疑問を解説

ウェッジとは、アイアンの中で英語で表記されているP、A、Sの事を言います。

呼び方はそれぞれ、

  • ピッチングウェッジ
  • アプローチウェッジ
  • サンドウェッジ

です。

よく、サンドウェッジはバンカー専用と思っている人もいますが、そんな事はありません。

プロは、サンドウェッジでアプローチする人が多いのです。

最近は、このほかにも数字で表記されている場合もあります。

セット以外でウェッジを買う場合、52°や58°などと表記されている場合が殆どです。

これは、クラブのロフト角の事です。

アイアンセットのPは46°前後、Aは50°前後、Sは56°前後になっています。

アイアンは、フルショットだけ練習してもたいして問題ありませんが、ウェッジはフルスイングだけでは対応しきれません。

残りの距離によって、ふり幅を変えてコントロールする必要があるのです。

下手な人のアプローチの特徴

アプローチが下手な人には、ある程度特徴があります。

あなたがこの特徴に当てはまっていないか確認してください。

  • 距離感をインパクトの力加減で調節している
  • フェースを閉じてスイングしている
  • ボールを上げようとすくい上げている

細かく言うともっとありますが、大きく分けてこの3つです。

1つずつ説明していきます。

距離感をインパクトの力加減で調節している

アプローチで距離が合わない多くの人は、距離感をインパクトの力加減で調節しています。

距離を出そうとするときは強くインパクトして、近くなるほど力を緩めてインパクトします。

このような人は、バックスイングに比べてフォロースルーが極端に小さくなる傾向があります。

フェースを閉じてスイングしている

バックスイングでフェースを閉じて上げる人も、アプローチが苦手となる傾向があります。

バックスイングでフェースを閉じてそのまま振り下ろすと、ボールは左に飛んでいきます。

それが嫌で、スイング軌道をインサイドアウトに振る人がいます。

これをすると、ボールに当たっても低く転がるようになります。

ちょっとでも手前をダフると、リーディングエッジから刺さるので、チャックリのミスになるのも特徴です。

ボールを上げようとすくい上げている

ボールを上げようと腕ですくい上げる動きをするのも、良くないパターンの一つです。

すくい上げる動作をすると、インパクトが最下点のみになり、当てる事が非常に難しくなります。

しかも当たった時のクラブの角度によって上がり方が変わるので、距離感を合わせにくくなります。

上手な人のアプローチ

それでは、アプローチが上手い人のウェッジの使い方を説明します。

基本的には、下手な人の逆となります。

上手い人は距離感を合わせるのに、インパクトの力加減やスピードで調節しません。

距離感は、ふり幅で調節するのです。

距離が長ければふり幅は大きくなりますし、短い距離を打つのであればスピードや力加減を変えずにふり幅で調節します。

アプローチが上手い人は、ソールを滑らせて使います。

ソールを滑らせるためには、軽くフェースを開いて打つのが効果的です。

そのため、アドレスの段階でフェースを開くプロも多いのです。

距離感を出すためには、腕ですくい上げてはいけません。

あくまでも、体の回転に腕が着いてくるイメージです。

このイメージができれば、インパクトで下からすくい上げる動作が無くなり、距離感が良くなります。

まとめ

今回は、ウェッジに絞って説明をしました。

どんなに上手いプロでも、毎回パーオンする訳ではありません。

大切なのは、パーオンしなかったとしてもそこからのリカバリーです。

アプローチが苦手な人は、今回の記事を何度も読み直してアプローチ巧者になりましょう。