ゴルフ初心者が爆速で上達する練習メニューとは??

「ゴルフを始めたけどどう練習すればいいのかわからない」

ゴルフを始めた頃は、このような悩みを持つ人が多いです。

ゴルフは、非常に奥が深くて難しいものです。

上級者でさえ、「どうしたらいいの?」と悩み続けるスポーツです。

そんな奥が深いゴルフを始めた初心者のあなたに、「コレだけはやっておこう」というメニューをお伝えします。

ゴルフ初心者はハーフスイングをひたすら練習

ゴルフを始めたのであれば、まずは「腰から腰」の高さのハーフスイングを徹底して練習しましょう。

「腰から腰の高さ」をイメージしにくいのであれば、時計をイメージしてください。

時計の「3時から9時」の高さです。

このハーフスイングをたくさん練習して、球をクラブに当てる感覚を身につけます。

いきなりフルスイングで球を打とうとしても、なかなかクラブに当たりません。

ハーフスイングであれば球を当てやすく、しっかりとクラブに当てている感覚が身につきます。

また、ハーフスイングの部分は、フルスイングする上でも重要な部分です。

いきなりかっ飛ばしたい気持ちもわかりますが、まずは基本中の基本である「ハーフスイング」をひたすら練習しましょう!

ハーフスイングで形を意識する

ハーフスイングの練習といっても、闇雲に打ち続けてもいけません。

ハーフスイングで、ゴルフの基本の形を身につけていきましょう。

具体的に意識するポイントを、いくつかご紹介します。(右利きの人の場合で紹介します)

右脇を開かない

脇が開いてしまうとクラブの軌道が安定しなくなるため、右脇を体につけておきましょう。

クラブヘッドを右脇に挟んで、「落とさない」ようにスイングすると安定します。

腕を振るのではなく腰の回転を意識する

初心者は、腕の力だけでスイングしようとします。

腕の意識は極力無くして、腰の回転を意識しましょう。

スタンスを意識する

球との距離を考えて立ちましょう。

スタンスがバラバラだと、スイングもバラバラになります。

打ちやすい位置が見つかれば、常にそのスタンスで立つようにしましょう。

猫背にならない

猫背であると、体がうまく回らなくなります。

最初のうちは窮屈に感じますが、しっかり上半身を起こした姿勢を作ってスイングしましょう。

球から目を離さない

ゴルフを始めた頃は「どの辺に飛んだのか」が気になって、インパクトの前に球から目を離してしまいがちになります。

それによりスイングの途中で頭が動き、重心が高くなります。

その結果、しっかり球が当たらなくなります。

この5つのポイントを意識して、ひたすらハーフスイングを練習していきましょう!

様々な番手でハーフスイングをしてみる

ゴルフクラブの番手によって、球が飛ぶ距離が大きく変わります。

これはハーフスイングでも変わりますので、様々な番手を使って練習してみましょう。

「何番でハーフスイングしたら○○ヤード飛ぶ」ということがわかれば、コースに出た時のアプローチ技術が格段に上がります。

初心者にとって最初の大きな目標はスコア100切りですが、スコア100切りにはアプローチ技術が必須です。

ハーフスイングで飛ばせる距離を知っておくことが、スコアアップに大きく繋がります。

地味な練習かもしれませんが、とても重要な技術ですのでガッツリ練習しましょう!

結論:ゴルフ初心者はハーフスイングを鬼練習

ゴルフ初心者のうちは、基本中の基本であるハーフスイングを鬼のように練習しましょう。

ハーフスイングで理想の形ができるようになれば、その後のクォータースイングやフルスイングにもいい影響を与えます。

ゴルフを早く上達したいのでれば、とにかく基本に忠実になり、地道な努力を重ねていくことが大切です。

ゴルフは上達するまでに時間はかかりますが、上手くなればなるほど楽しめるスポーツなので、ぜひ今回かの紹介したハーフスイングを練習してみてください!

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題