ゴルフは雨の日でも楽しい!?雨の日のゴルフの注意点とは?

青空の下でのゴルフは、最高ですね。

でも、いつも良い天気の中でプレーできるとは限りません。

ゴルフは自然を相手にするスポーツなので、雨の中でプレーしなければならないこともあります。

また、本当のゴルフ好きは「雨の日には雨のゴルフがあり、それが面白い」と言う強者もいらっしゃいます。

今回は、雨の日のゴルフについて考えてお話したいと思います。

雨の日のゴルフの準備

雨の日のゴルフで、必要なのが雨合羽です。

ゴルフ用として、いろいろな雨合羽が発売されています。

ゴルフに必要な伸縮性などの高機能を備えた高額なものから、リーズナブルなものまでありますので、利用頻度や目的に合わせて用意しましょう。

また、撥水素材を使用した雨用の帽子も必需品です。

また、雨用のグローブがありますので用意しましょう。

できれば、替えのグローブを何枚かあると安心です。

濡れた手やグリップを拭いたりするために、タオルも準備しておくとよいでしょう。

雨の強い日は合羽を着ても濡れることがありますので、着替えを用意してハーフが終わったら一度着替えるのも、快適にラウンドするためにおすすめです。

雨でゴルフを中止する場合は?

プロのゴルフトーナメントを見てもわかると思いますが、ゴルフは雨が降ってもできるスポーツです。

しかし、あまりに雨が強い日は中止した方がよいでしょう。

ゴルフ場自体が、クローズされる場合もあります。

中止すべき明確な基準はありませんが、一つの目安としてあるのが、グリーン上に水が浮くほどの雨の量になった場合です。

あまりに雨が強くて水がはけず、グリーン上に水が溜まった状態になると、パットを打ってもボールは水の抵抗で転がらないので、実質的にパッティングができなくなります。

あとは、

  • 強風が伴う台風などの時
  • 落雷を伴う時
  • 冬場に雪が積もった時

にも、ゴルフ場はクローズとなることが多いです。

プレーをキャンセルしたい時は?

雨がこれからさらに強く降りそうで、ゴルフ場はクローズではないけどプレーしたくない時もあるかと思います。

プレー前にキャンセルすることはできますが、基本的にキャンセル料がかかるので注意しましょう。

  • 当日でもキャンセル料をとらないゴルフ場
  • 一週間以上前からキャンセル料がかかるゴルフ場

など、キャンセル料の規定はゴルフ場によって違うので、よく確認してください。

また、プレー中に大雨となって途中ホールでプレーを止めた時は、基本的には1ラウンド分の料金を払わなければならないのが一般的なのでご注意下さい。

雨の日のゴルフの注意点

雨の日のラウンドで注意してほしいのが、ゴルフクラブのグリップが濡れないようにするということです。

グリップが濡れていると滑るので、しっかりスイングすることができません。

濡れた場合は、タオルなどでよく拭いてからグリップするようにしましょう。

フェアウェイ上では、スタンスをとった時に地面から水が染みてくる状態になることがあります。

このような状態の場所からは、救済を受けることができます。

ホールに近づかずに回避できるニアレストポイントにドロップして、無罰でプレーができます。

また、雨でぬかるんだフェアウェイにボールが埋まった状態の場合にも、同じように救済を受けることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

気持ちよい晴天の下でラウンドするのも最高ですが、雨の中でのプレーも戦略性も高まって面白いラウンドにしてくれることもあります。

また、適度な雨ならグリーンがやわらかくなるので、ボールが止まりやすくスコアが作りやすくなります。

本当にゴルフが好きになれば、少々の雨の日は気にならないものです。

ただし、無理して風邪をひいたりしないように、注意してくださいね。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。